ニュースリリース

2012年

2012年08月06日

1本のヘッドで2色同時印刷を実現する世界最速※1の300dpiヘッド

インクジェットプリントヘッド「KJ403T」を新開発

2012年08月06日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社(社長:久芳 徹夫)は、インクジェット印刷機の基幹部品であるインクジェットプリントヘッド(以下、ヘッド)において、1本のヘッドで2色同時印刷が可能で、解像度300dpi·世界最速※1152m/分を実現した「KJ403T」を開発しましたのでお知らせいたします。
画像:インクジェットプリントヘッド 「KJ403T」
インクジェットプリントヘッド 「KJ403T」

製品名

インクジェットプリントヘッド「KJ403T」

サイズ

200×36×68.5(mm) 
(幅×奥行き×高さ)

印刷速度

152m/分 (300dpi送りの2色同時)

解像度

300dpi

有効印刷幅

112mm

インク

水系インク、UVインクともに対応

開発拠点

鹿児島国分工場

 

■新製品「KJ403T」について
本製品は、1本のヘッドで2色同時印刷を実現するヘッドです。印刷機に搭載するヘッドの数を半減することができるだけでなく、各種配線やインク配管などの部品点数の削減も可能であるため、機器の小型化に貢献します。加えて、ヘッドの有効印刷幅が世界最大※2の112mmであり、幅広印刷が必要な場合でもヘッドの使用本数が少なくてすむことから機器設計の容易性、組み立ての負荷低減にも貢献します。
さらに、印刷速度は1本で2色同時印刷の300dpiヘッドとしては、世界最速となる152m/分を実現し、高速印刷による生産性向上に貢献します。

■開発背景
商業印刷では、昨今、印刷物の「小ロット化」「短納期化」「在庫削減」「可変印刷※3」など多様なニーズに対応できるデジタル印刷への需要が高まっています。
現在、商業印刷において主流であるアナログ印刷方式は、デザイン原稿ごとに複数枚の製版が必要であり、印刷に手間と時間を要すことや、版の在庫管理や保管スペースなども必要でコストが発生します。一方、インクジェット方式をはじめとするデジタル印刷は、デザインデータを即座に必要量だけ印刷することが可能です。そのため、製版や版の管理が不要であり生産性向上とコスト削減に貢献するだけでなく、版洗浄用の廃液も発生しないため環境負荷の低減にも寄与します。

京セラは、これまでに世界最速·高精細印刷を実現するヘッドとして600dpi※4を量産、1200dpi※5を開発しています。今回、新たに2色同時印刷で世界最速300dpiヘッドを投入することで、高速·高精細に加え、機器の小型化、コスト削減、環境負荷低減などの幅広いニーズに応え、商業印刷におけるデジタル化の可能性を広げてまいります。

■新製品の特長
1. 1本のヘッドで2色同時印刷を可能にし、設計の容易性、組み立ての負荷低減に貢献
本製品は、1本のヘッドで2色同時印刷を可能とすることで、印刷機に搭載するヘッドを半減できるだけでなく、各種配線やインク配管などの部品点数の削減も可能であるため、機器の小型化に貢献します。加えて、ヘッドの有効印刷幅が世界最大の112mmであり、幅広印刷が必要な場合でもヘッドの使用本数が少なくてすむことから、機器設計が容易となります。さらに、機器の組み立て工程や部品交換時においても、ミクロン単位でのヘッドの位置合わせやインク吐出、配線、インク配管などのさまざまな調整の負荷低減に貢献します。
また、これまでに培ってきたインク流路構造の設計技術やインク吐出を高精度にコントロールすることで、印刷品質の高い2色同時印刷を実現します。


(イメージ図)1色印刷ヘッドを実装した場合

(イメージ図)2色印刷ヘッドを実装した場合

2. 新開発のヘッドで高い印刷品質と世界最速を実現
京セラがこれまで培ってきたインク流路構造の設計技術や圧電アクチュエーターの駆動制御技術を用いることで、解像度300dpiで2色同時印刷のヘッドとして、世界最速152m/分を実現しました。これにより、デジタル印刷の高速化を図ることで、生産性向上に貢献いたします。

※1   印刷解像度300dpi送りで、1ヘッド2色同時印刷のシングルパスのインクジェットプリントヘッドにおいて、世界最速。
(京セラ調べ、2012年7月1日現在)
※2   圧電方式300dpi以上のインクジェットプリントヘッドにおいて。
(京セラ調べ、2012年7月1日現在)
※3   個々に異なるデータを1枚ごとに印刷する方式。バリアブル印刷ともいう。
※4   印刷解像度600dpi×600dpi、印刷幅4.25インチ幅、送り方向1ヘッドで印刷するシングルパスのインクジェットプリントヘッドにおいて、世界最速。
(京セラ調べ、2012年7月1日現在)
※5   印刷解像度1200×1200dpi、印刷幅108mm、送り方向1ヘッドで印刷するシングルパスのインクジェットプリントヘッドにおいて、世界最速。
(京セラ調べ、2012年7月1日現在)

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

部品·デバイスの最新ニュース

このページのお問い合わせ