ニュースリリース

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

北海道のメガソーラー 白糠(しらぬか)太陽光発電所向けに

京セラ製多結晶太陽電池モジュール約30MWを供給

発表日:2012年09月24日
京セラ株式会社(社長:久芳 徹夫)は、国内販売子会社である株式会社京セラソーラーコーポレー ション(社長:財部 行廣)を通じて、白糠(しらぬか)太陽光発電所(北海道白糠郡)に向けた、多結晶シリコン型太陽電池モジュール約30MW分(約13万5,000枚)を供給することとなりましたのでお知らせいたします。なお、本件は四電エンジニアリング株式会社より採用いただいたものです。
同発電所は、再生可能エネルギーによる発電事業を展開するユーラスエナジーグループの株式会社 ユーラスエナジー白糠を事業者として、本年10月に着工し2014年3月の稼働開始を予定しています。年間発電電力量は、一般家庭約9,600世帯分に相当し、年間で約11,000tのCO2を削減できる見込みです。
■発電所概要

名称

白糠太陽光発電所

所在地

北海道白糠(しらぬか)郡白糠町庶路(しょろ)甲区·コイトイ地区

敷地面積

約625,192m2

総出力

約30MW (30,000kW)

使用モジュール枚数

約13万5,000枚

年間発電電力量(推定)

一般家庭約9,600世帯に相当

運転開始時期

2014年3月

図:白糠太陽光発電所の完成イメージ図
白糠太陽光発電所の
完成イメージ図

京セラは、長きにわたる事業経験の中で培った太陽電池の高い品質や安定した製品供給能力、また、システム設計や施工ノウハウなどが評価され、太陽光発電システムの国内公共·産業用分野において累積設置容量シェア1位※1を誇っています。このたびの供給は、当社製太陽電池の高い品質と安定した製品供給能力などを評価いただいたことによるものと考えています。

本年7月より、再生可能エネルギーの固定価格買取制度が開始され、各地で大規模な太陽光発電所の建設が進んでおり、国内の太陽電池市場は、昨年度比約2倍の伸びが予測されています。さらなる拡大が見込まれる太陽電池市場に向けて、今後も信頼性の高い製品を提供していくことで、地球温暖化防止への貢献に努めてまいります。

■京セラ製太陽電池モジュールの品質について
1975年に太陽電池の研究開発を開始して以来、当社は、徹底して太陽電池の品質や長期に亘る信頼性を追求してきました。当社の太陽電池モジュールは、世界有数の第三者認証機関であるテュフラインランドジャパンの「長期連続試験」にて世界で初めて認証されたほか、本年には、ドイツの応用研究機関であるフラウンホーファー研究機構が実施した高電圧負荷試験において、当社製品の出力低下が見られなかったことが証明されるなど、各機関より高品質・高信頼性が裏付けられています。

■北海道の設置事例
当社は、1991年、日本の系統連系の先駆けとして北海道北見市の北見工業技術センターに太陽光発電システムを納入したほか、北海道電力の伊達ソーラー発電所(1MW)や酪農家105戸への一斉導入(合計1MW)など、北海道において数多くの設置実績を有しています。

※1:京セラ調べ、2012年9月現在