ニュースリリース

2012年

2012年10月09日

さらに快適な通信を実現する「プラチナバンド」「SoftBank 4G」対応のオールインワンスマートフォン

京セラ製「HONEY BEE® SoftBank 201K」新登場

2012年10月09日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

京セラ株式会社(社長:久芳 徹夫)は、ソフトバンクモバイル株式会社(以下、ソフトバンクモバイル)向けの新製品として、Android™4.1搭載のスマートフォン「HONEY BEE® SoftBank 201K」を製品化いたしますのでお知らせします。
本製品は、より電波が届きやすい900MHz帯の周波数「プラチナバンド」とデータ通信のさらなる高速化を実現する「SoftBank 4G」(下り最大76Mbps※1)に対応し、1.5GHzデュアルコアCPUの搭載により、動画の再生やWEBのブラウジングなども快適に楽しむことができます。
また、新たに「ワンセグ」、「おサイフケータイ®」、「すぐごえ」、といった便利な機能を搭載した防水※2対応のオールインワンスマートフォンです。
5色のカラーバリエーションで展開する本製品は、ソフトバンクモバイルより本日発表された新ラインアップの機種となります。

※1 ベストエフォート方式のため、回線の混雑状況や通信環境などにより、通信速度が低下、または通信できなくなる場合があります。
※2 IPX5/IPX7等級の防水性能。


写真:HONEY BEE<sup>®</sup> SoftBank 201K

商品名 HONEY BEE®SoftBank 201K
価格 オープン価格
カラー ホワイトピンク、ピンク、オレンジ、
グリーン、グロッシーパープル
発売元 ソフトバンクモバイル株式会社
図:「HONEY BEE<sup>®</sup>」のキャラクター
「HONEY BEE®」のキャラクター


写真:ちょい足しリング
ちょい足しリング
本製品は、「家族、友人、仲間とつながる楽しさを広めたい。」というコンセプトから製品化された「HONEY BEE®」シリーズのスマートフォンです。従来のポップなカラーやデザインと世界観を踏襲したデザインで、持ちやすさに配慮した幅57mmのコンパクトサイズながら、従来機種※3に比べ約1.6倍の大容量2,000mAhのバッテリーを搭載しています。
また、メインターゲットである女子中高校生を中心とする10代女性の嗜好を反映し、端末上部に新たに設置したリング形状の「ちょい足しリング」では、好みの飾りをつけてカスタマイズが可能。自分撮りがキレイに写せるライト付2メガのインカメラを搭載したほか、撮った写真を多彩に編集できるアプリをプリセットするなど、カラー、デザイン、機能それぞれに遊び心溢れる工夫を施したスマートフォンです。

※3 HONEY BEE SoftBank 101K


■ HONEY BEE® SoftBank 201K の主な特長

1)「プラチナバンド」「SoftBank 4G」に対応したオールインワンスマートフォン
900MHz帯の周波数「プラチナバンド」に対応し、より電波が届きやすく、さらに、高速無線通信サービスとして注目されている「SoftBank 4G」に対応し、下り最大76Mbpsを実現。1.5GHzのデュアルコアCPUを搭載しているので、動画の視聴、アプリ利用時やWEBのブラウジングにおいて、快適な操作性を提供します。また、従来機種に比べ約1.6倍の大容量2,000mAhのバッテリーを搭載していますので、長時間安心して通話や高速無線通信サービスを楽しむことができます。さらに、4Gも3Gもメインアンテナとサブアンテナの2つのアンテナで電波をキャッチするので、より安定した受信品質で高速データ通信が楽しめます。
また、オールインワンタイプのスマートフォンとして、新たにおサイフケータイ®、ワンセグを搭載し、初めてスマートフォンをご利用になる方でも、これまで同様に安心してお使いいただけます。

2)話すだけで最適なアプリが起動する「すぐごえ」
図:話すだけで最適なアプリが起動する「すぐこえ」
新機能として、スマートフォンに話しかけるだけで、最適なアプリが起動する「すぐごえ」を搭載しています。タッチパネルに文字入力しなくても電話やメールはもちろん、地図検索やレシピ検索などのアプリを「声」で簡単に起動することができます。

3)新たにライトが付いたツインカメラを搭載
図:新たにライトが付いたツインカメラを搭載
8メガのアウトカメラはもちろん、若年層の女性の嗜好にあわせ、自分撮りができる2メガのインカメラにライトを搭載しました。ライトによりさらにキレイな画像で自分撮りができます。
また、撮影時に「魚眼」や「コミック」など10パターン以上のエフェクト機能で、バラエティ豊かな撮影が楽しめます。撮影後も「エフェクトプラス」のアプリを使って20パターン以上の画像編集が楽しめます。

4)楽しいデザインを採用した使いやすく、便利なハードキー
図:楽しいデザインを採用した使いやすく、便利なハードキー
ハードキー
電話やメールなどのよく使う機能を、「HONEY BEE®」の楽しいデザインを踏襲したハードキーとして採用し、操作性においても、工夫を施しました。 好きなアプリをショートカットキーとして登録できるカスタマイズキーも用意しているので、初めてスマートフォンを使う方でも簡単に操作ができます。
■ HONEY BEE® SoftBank 201K の主な仕様

サイズ(幅×高さ×奥行き)

57×121×12.9mm(検討中)

重量

129g(検討中)

連続通話時間

(検討中)

連続待受時間

(検討中)

バッテリー

2,000mAh

プラットフォーム

Android™4.1

CPU

MSM89601.5GHz)デュアルコア

内部メモリーROM/RAM

ROM4GB/RAM1GB

外部メモリー/推奨容量

microSD/microSDHC/microSDXC(最大64GB)(microSD2GB同梱)

ディスプレー

3.7インチ WVGA TFT液晶

アウトカメラ

有効画素数約810万画素CMOS(顔認識対応AF/手ぶれ補正付き)

インカメラ

有効画素数約200万画素

Wi-Fi®

IEEE802.11a/b/g/n


※製品仕様は、本リリース作成時であり、ソフトバンクモバイルのシステムの仕様変更等により、予告なく変更される場合があります。※SOFTBANK およびソフトバンクの名称、ロゴは日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。※SoftBank 4Gは、第3.5世代移動通信システム以上の技術に対しても4Gの呼称を認めるという国際電気通信連合(ITU)の声明に基づきサービス名称として使用しています。※「HONEY BEE」は、京セラ株式会社の登録商標です。※「おサイフケータイ®」は株式会社エヌ・ティ・ティドコモの登録商標です。※microSD、microSDHC、microSDXCロゴはSD-3C.LLCの商標です。※Google、Google ロゴ、Android、Android ロゴは、Google Inc.の商標または登録商標です。※Wi-Fi®はWi-Fi Alliance の登録商標です。.※ Bluetooth®ワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG,Inc.が所有する登録商標であり、京セラ株式会社は、これら商標を使用する許可を受けています。※その他の社名および商品名は、それぞれ各社の登録商標または商標です。※【防水について】IPX5:内径6.3mmのノズルを用いて、約3mの距離から約12.5L /分の水を3分以上注水する条件であらゆる方向からのノズルによる噴流水によっても、電話機としての性能を保ちます。IPX7:常温で、水道水、かつ静水の水深1mの水槽に電話機本体を静かに沈め、約30分間水底に放置しても、本体内部に浸水せず、電話機としての性能を保ちます。石けん、洗剤、調味料、ジュース、海水など水道水以外のものを、かけたり浸けたりしないでください。また、高温のお湯や冷水に浸けたり、かけたりしないでください。

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

携帯電話·スマートフォンの最新ニュース

このページのお問い合わせ