ニュースリリース

2012年

2012年12月20日

スライス幅が約1.3倍とワイドになって、大きな野菜のスライスがすばやく簡単に

「セラミックワイドスライサー」新登場

2012年12月20日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社(社長:久芳 徹夫)は、刃材質にファインセラミックスを使用したキッチン スライサー(薄切り器)において、大きな野菜をすばやく簡単にスライスできるよう、スライス幅を当社従来品比約1.3倍の100mmとした新商品「セラミックワイドスライサー」を、本年 12月25日(火)より順次、全国の量販店および専門店などで販売開始いたします。

写真:「セラミックワイドスライサー」
「セラミックワイドスライサー」

【商品概要】

商品名

「セラミックワイドスライサー」

発売

2012年12月25日(火)より、
全国の量販店および専門店などで順次発売

希望小売価格
(税 込)

2,415円

サイズ
(プロテクター込)

縦357×横128×高さ46mm

スライス幅

100mm


■商品の特長
1. 当社従来品比約1.3倍のスライス幅を採用

100mmの広いスライス幅により、キャベツのせん切りなど大きな野菜のスライスがすばやく簡単にできます。玉ねぎやじゃがいもなどは丸ごとスライスすることができるので、事前にカットする手間もなく、料理の下ごしらえが手際よくできる便利な商品です。

2. 調理時、収納時の安全性に配慮したプロテクター付き
指先を守るプロテクター付きなので、小さくなった食材も最後まで安全にスライスすることができ、食材を無駄なく使い切ることができます。収納の際には、プロテクターを製品本体の刃部に覆うように取り付け固定させることで、保管時の安全性にも配慮しました

調理時
安全性に配慮したプロテクター付き
収納時
安全性に配慮したプロテクター付き
安全性に配慮したプロテクター付き

3. ストッパーによって安定した調理が可能

ストッパー付き
ストッパー付き
スライサー先端の両脇にくぼみを設けた構造により、バットなどの容器の端に引っ掛けて固定することができるので、安定した状態で調理をおこなうことが可能です。





4. 刃材質にファインセラミックスを使用
「錆びずに鋭い切れ味を長く保つ」「除菌•漂白できるため清潔」といった特長を持っています。また、金気を出さないので、サラダなどに使用する生野菜のスライスにも適しています。

※京セラ製セラミックスライサー(CSN-152 WHP)との比較。

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

キッチン用品·宝飾品の最新ニュース

このページのお問い合わせ