ニュースリリース

2012年

2012年10月17日

AVX Corporationによるニチコン株式会社のタンタルコンデンサ事業買収

2012年10月17日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

2012年10月16日(米国時間)、京セラ株式会社(本社:京都市、社長:久芳徹夫)の米国における連結子会社であるAVX Corporationは、ニチコン株式会社のタンタルコンデンサ事業の買収に関して、以下の開示をいたしましたので、お知らせいたします。


AVXがニチコン株式会社のタンタルコンデンサ事業の買収に合意

サウスカロライナ州グリーンビル-2012年10月16日 AVX Corporation(以下、AVX)は、ニチコン株式会社のタンタルコンデンサ事業を約86百万ドルにて買収することについて同社と事業譲渡契約を締結したことを発表した。

全て現金でおこなう本買収は、日本の滋賀県および中国の天津に所在する、ニチコンのタンタルコンデンサ製造子会社を対象とし、同部門の年間売上高は約75百万ドルである。

AVXのCEO兼社長であるジョン·ギルバートソン氏は、「ニチコンのタンタルコンデンサ事業買収によって、受動電子部品の業界における我々の優位なポジションを強化し、アジア地域でのさらなる事業拡大とタンタル部品の生産効率向上の機会を得ることができる」と述べた。

本手続きは、必要に応じて行われる法的な届出を含む一般的なクロージングを条件とし、本年(暦年)末まで、あるいは法的承認がおり次第できるだけ速やかに完了する見通しである。

米国サウスカロライナ州グリーンビルに本社を置くAVXは、幅広い受動電子部品、および関連製品の大手メーカー、およびサプライヤーである。 (AVXに関する詳しい情報についてはhttp://www.avx.comをご覧ください。)


将来予想に関する注意事項:
このプレスリリースには、1995年民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)に定義される「将来予想に関する情報」(“forward-looking” information)が含まれている。過去の事実についての記述を除き、本プレスリリースにおける全ての記述は、将来予想に関するものであり、これには、業界の見通しや将来の業績、あるいは財務状況に関する記述が含まれる。将来予想に関する情報は、とりわけ、FY2013についての我々の見通し、生産量や価格のトレンド、コスト削減や買収の戦略、それら戦略結果の見通し、研究開発に関する予測、および設備投資に関する記述を含む。また、過去の事実ではない事象に関する期待、考え、将来の計画および戦略、予想される事象または傾向等についての記述があり得る。将来予想に関する記述は、経営陣の期待を反映したものであり、本質的に不確実である。本プレスリリースにおける将来予想に関する情報や記述は、FY2012のForm 10-K年次報告書に記載されたものを含むリスクと不確実性を有し、実際の結果はここに記載された情報や記述によって明示あるいは暗示されたものと大きく異なることがあり得る。将来予想に関する記述は、本プレスリリースや当社がSECにファイリングした他の開示レポートに記載されている当社やその事業に関するその他の開示資料と併せて、あるいはそれらについて理解した上で読まれるべきである。将来予想に関する記述には、実際の結果や展開に対する予測として、過度な信頼を置くべきではない。

当社によるいずれの将来予想に関する記述も、記述がなされた時点での発言として意図されたものである。関連法規によって要求されない限り、我々は、本プレスリリースにおける将来予想に関する記述について、新しい情報、あるいは状況を反映し、更新または修正する意図を有していない。本プレスリリースに含まれる全ての将来予想に関する記述は、1934 年米国証券取引所施行21E 条に定義される「将来予想に関する記述」、あるいは本プレスリリースにおける記述と共に参照されるのが適切である範囲において、1933年連邦証券法27A条の「将来予想に関する記述」としての性質を有するもので、どちらもそれらの記述に関する個人の申立てからの免責を定めている。

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

経営·人事·財務情報の最新ニュース

このページのお問い合わせ