ニュースリリース

2013年

2013年03月27日

竹内マネージメント、明石市でメガソーラー発電所を運転開始

京セラ製高効率太陽光発電システムを約2.1MW導入

2013年03月27日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

竹内マネージメント株式会社
京セラ株式会社
京セラコミュニケーションシステム株式会社
竹内マネージメント株式会社(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:榎本 伸二、以下竹内マネージメント)は、兵庫県明石市に出力約2.1MWのメガソーラー発電所「竹内ソーラーパーク明石」を建設し、本年3月27日(水)より本格運転を開始します。

本発電所には京セラ株式会社(本社:京都市伏見区、代表取締役社長:久芳 徹夫、以下京セラ)の多結晶シリコン太陽電池モジュールを採用。設計 · 施工は、京セラコミュニケーションシステム株式会社(本社:京都市伏見区、代表取締役社長:佐々木 節夫、以下KCCS)が行いました。京セラの高効率、高品質の太陽電池モジュールに加え、設計 · 施工に至るまで同グループ内で連携して行うことで、短期間での建設が可能となりました。

竹内マネージメントは、事業拡大と太陽光発電システムの普及による地域社会への貢献を目指し、日照に恵まれている明石市の自社所有地に発電所を建設しました。本発電所には、京セラ製太陽電池モジュールが8,680枚設置され、出力は約2.1MWとなります。年間発電電力量は、一般家庭約620世帯分※1に相当する約2,245,000kWhを想定し、年間約700tを超えるCO2削減効果を見込んでいます。
また、本発電所で発電した電力は、昨年7月に施行された再生可能エネルギーの固定価格買取制度に基づき、全量を関西電力に売電します。

竹内ソーラーパーク明石
写真:竹内ソーラーパーク明石

写真:竹内ソーラーパーク明石 写真:竹内ソーラーパーク明石

■「竹内ソーラーパーク明石」の概要

発電事業者

竹内マネージメント株式会社

所在地

兵庫県明石市大久保町松陰新田字鳴池514-1·2·3

敷地面積

35,530m2

総出力

約2.1MW

使用モジュール枚数

8,680枚(242W/枚)

年間発電電力量(予測)

約2,245,000kWh

着工時期

2012年11月19日

運転開始

2013年3月27日


■竹内マネージメント株式会社について
竹内マネージメントは、昭和7年に創業以来、総合エネルギー、海運事業を母体に展開。戦後は産業用エネルギーを陸上、海上で迅速かつ安定的に供給する竹鶴石油株式会社、モータリゼーションの発展に伴い車の安全快適を常に追求するサービスステーション(SS)業を行う竹内油業株式会社を柱に発展してまいりました。
そして、その後の激変する経営環境の中で徹底した投資の選別と、コスト競争力の強化により着実にグループ事業の多角化を推進してまいりました。この度、総合エネルギー事業の一環として再生可能エネルギー事業に取り組み、太陽光発電事業を開始します。
今後は自社での発電に加え、京セラグループの協力を得ながら、自社ノウハウを活かしたメガソーラーの総合プロデュースにも取り組み、再生可能エネルギーの普及を目指します。

■京セラグループについて
京セラグループの太陽光発電事業においては、高出力な多結晶シリコン太陽電池を開発、生産、供給し、日本はもとより海外にも数多く供給してまいりました。
グループ会社のKCCSは、通信エンジニアリング事業で培ってきたノウハウを活かし、多数のメガソーラーなどの設計 · 施工実績を有しています。
京セラグループが長年培ってきた信頼性の高い製品力や設計技術、施工技術などを結集し、再生可能エネルギーの普及を通し、地球環境および人類社会へ貢献してまいります。

※1 1世帯当り3,600kWhで算出 出典:電気事業連合会「電気の広場」

 * 製品名および会社名は、それぞれの会社の商標または登録商標です。

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

環境製品 (太陽光発電等)の最新ニュース

このページのお問い合わせ