ニュースリリース

2013年

2013年04月04日

耐摩耗 · 耐欠損性を従来比1.5倍以上に強化

鋼旋削用切削工具の新材種2種「CA515」、「CA525」

2013年04月04日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社(社長:山口 悟郎)は、鋼の旋削加工用切削工具(チップ)において、耐摩耗・耐欠損性を従来比1.5倍以上向上させた新材種2種「CA515」と「CA525」を開発し、本年4月8日より順次、新材種を採用したチップを販売開始しますので、お知らせいたします。
「CA515」、「CA525」は、それぞれ専用の超硬母材に、新開発のCVD※1コーティングを施した材種で、当社が長年培ってきた材料技術などにより、コーティング膜の成分や成膜方法を改良したものです。これにより専用母材との親和性を高め、従来比約1.4倍※2の密着性を実現、膜の剥離の抑制と耐摩耗 · 耐欠損性の向上に成功しました。
当社は、両材種を市場投入し、自動車や産業機械などに多く採用されている鋼部品の加工において長寿命・安定加工を実現し、お客様の生産性向上に貢献してまいります。

写真:新材種2種「CA515」、「CA525」

<製品概要>

材種名

CA515

CA525

型番数

408型番

439型番

加工条件

鋼の高速加工

鋼の低~中速加工

生産拠点

鹿児島川内工場

発売日

2013年4月8日

価格帯

550~2,200円(税込)

販売目標

5億円(初年度)

10億円(初年度)


■CA515(鋼の高速加工用)
高硬度の超硬母材に新コーティングを施した高速加工に最適な材種です。高速加工用の従来材種と比べ、耐摩耗性を約1.5倍、耐欠損性を約2.0倍※3に高めており、高速加工に求められる高い切削能力と長寿命 · 安定加工を実現します。

■CA525(鋼の低~中速加工用)
高靭性の超硬母材に新コーティングを施した低~中速まで幅広い加工条件に対応する汎用材種です。従来の汎用材種と比べ、耐摩耗性、耐欠損性ともに約1.5倍※4に高めており、長寿命 · 安定加工の実現に加え、刃先に強い負荷がかかる断続加工においてもチッピング(欠け)を抑制します。

※1.化学蒸着法
※2.当社従来コーティングとの比較、京セラ調べ。
※3.当社従来材種「CA5515」との比較、京セラ調べ。
※4.当社従来材種「CA5525」との比較、京セラ調べ。

■新材種の特長
1. 超硬母材と親和性の高い新コーティングを開発
当社では長年培ってきた超硬母材やコーティングの材料技術とCVD法による成膜技術により、超硬母材と親和性の高いコーティング成分、成膜方法の開発を進めてきました。
今回「CA515」、「CA525」に採用した新コーティングは、超硬母材とコーティング膜の密着性を約1.4倍に高めたことで、被膜の剥離を抑制し、チップの耐摩耗 · 耐欠損性が向上しました。結果、チップの長寿命化とチッピング抑制による安定加工を実現し、お客様の生産性向上に貢献します。
2. 高硬度 · 高靭性のα- Al2O3被膜
被膜層の一つに、高アスペクト比※5のα-Al2O3(αアルミナ)※6を採用することで、高硬度と高靭性を両立するコーティングの開発に成功しました。

※5.アスペクト比とは、縦と横の長さの比。
※6.α- Al2O3は、ファインセラミックスの主要材料で、機械的強度に優れるアルミナの一種
図:高硬度・高靭性のα-Al2O3被膜
3. 加工条件に合わせた2材種をラインアップ
鋼の旋削加工において、低~中~高速加工まで幅広い加工条件に対応可能な「CA515」、「CA525」の2材種をラインアップし、最適なチップ選択を可能にします。
図:加工条件に合わせた2材種をラインアップ

CA515
  • 鋼の高速加工に最適な材種。
  • 高硬度の超硬母材の採用と新コーティング膜の膜厚の最適化により、高速加工用の従来材種に比べ、耐摩耗性約1.5倍、耐欠損性約2.0倍を実現。
  • 高速加工に求められる高い切削能力と長寿命 · 安定加工を実現。
CA525
  • 鋼の低速~中速まで幅広い加工条件に最適な汎用材種。
  • 高靭性の超硬母材の採用と新コーティング膜の膜厚の最適化により、汎用加工用の従来材種に比べ、耐摩耗性を約1.5倍、耐欠損性約1.5倍を実現。
  • 刃先に強い負荷がかかる断続加工時にもチッピング(欠け)による加工品質の低下、チップ交換頻度を抑制。

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

部品·デバイスの最新ニュース

このページのお問い合わせ