ニュースリリース

2013年

2013年04月19日

太陽光発電と組み合わせても太陽光発電単独使用時の売電価格が適用

国内最大容量※1リチウムイオン蓄電システムの新タイプ発売開始

新タイプ追加により、業界初※2、目的別に選べる2タイプの蓄電システムをラインアップ

2013年04月19日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

京セラ株式会社(社長:山口 悟郎、以下京セラ)は、国内最大容量※1の新製品「リチウムイオン蓄電システム(TypeB)」を、本年5月7日(火)より発売開始しますのでお知らせいたします。
なお、受注·販売は、京セラの太陽光発電システム国内販売会社である株式会社京セラソーラーコーポレーション(社長:後藤 政治)が行います。

■新製品概要
製品名 リチウムイオン蓄電システム TypeB
型式 EGS-LM144B EGS-LM72B
蓄電池容量 14.4kWh
(7.2kWhシステムを増設対応)
7.2kWh
希望小売価格(税抜) 4,450,000円 2,400,000円
販売開始日 2013年5月7日(火)
保証期間 蓄電池本体:10年、リモコン:2年
販売元 (株)京セラソーラーコーポレーション


■新製品投入の背景と概要
リチウムイオン蓄電システム TypeB京セラは、2012年8月より、太陽光発電と組み合わせることで、太陽電池で発電中に蓄電システムから電力を供給し、できるだけ多くの余剰電力を売電する蓄電システム(TypeA)を販売してまいりました。このタイプの場合、太陽光発電と自家発電設備を併設した場合の売電価格が適用され、31円(税込)/kWh※3となります。

このたび、お客さまのライフスタイルやニーズの多様化に対応できるよう、新たなタイプの蓄電システム(TypeB)を市場投入いたします。新製品は、太陽光発電による電力を優先して使用することで、昼間の商用電力の購入を減らし節電効果が期待できるシステムです。余剰電力の売電中は、蓄電システムから電力供給をしないため、売電価格は、太陽光発電システムのみを設置する場合と同じ38円(税込)/kWh※3が適用となります。
このように、ラインアップ拡充により、業界で初めて※2お客様の生活パターンや目的に合わせて最適な蓄電システムをお選びいただくことが可能となります。

京セラは、今後も、これまで以上にお客さまのニーズに応じた最適な製品を提案してまいります。

■新製品の特長
(1)国内最大容量のリチウムイオン電池を搭載した蓄電システム

国内最大容量14.4kWhのリチウムイオン電池を搭載。大容量であるため継続した電力供給が可能で、昼間の商用電力の購入削減につながります。
また、停電時には、冷蔵庫、テレビなど生活に必要な電気製品を同時に最大24時間※4連続使用することができます

(2)お客さまの生活パターンやニーズに合わせて運転モードを選択可能
(1) 経済モード(推奨) 昼間は太陽光で発電した電力を優先的に使用することで商用電力の購入削減が可能。余剰電力は売電。夜間や雨天など発電が無い場合は深夜に充電した蓄電池で賄います。
(2) グリーンモード 太陽光で発電した電力を優先的に使用し、余剰電力を充電。充電した蓄電池を夜間に使用することで購入電力ゼロを目指します。
(3) 強制充電モード マニュアル操作で充電するモード
(4) 強制放電モード マニュアル操作で放電するモード


(3)HEMSとの組み合わせでエネルギーの効率運用が可能
京セラのホームエネルギーマネジメントシステム(HEMS)と組み合わせることで、家庭内エネルギーの「見える化」が図れ、エネルギーの効率運用が可能となります。

※1 14.4kWhシステムの場合。2013年4月19日現在(京セラ調べ)
※2 住宅用定置型リチウムイオン蓄電池において。
※3 平成25年度に契約された場合の買取価格
※4 14.4kWhシステムで合計約430Wの電力を使用した場合を想定。(7.2kWhシステムの場合は最大12時間)

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

環境製品 (太陽光発電等)の最新ニュース

このページのお問い合わせ