ニュースリリース

2013年

2013年06月24日

国内最大級のメガソーラー発電所で太陽光発電について学ぶ

鹿児島七ツ島メガソーラー発電所に見学施設を建設

2013年06月24日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社
鹿児島メガソーラー発電株式会社
国内最大級となる70MWの「鹿児島七ツ島メガソーラー発電所」を運営する鹿児島メガソーラー発電株式会社(本社:鹿児島市鴨池新町、社長:北村 信夫/京セラ株式会社執行役員上席)は、同発電所敷地内に、一般の方々が太陽光発電について学ぶことができる見学施設を建設しますのでお知らせいたします。
本施設は、「地球環境とエネルギーを考える」をコンセプトに、地球環境問題や太陽光発電のしくみなどについてわかりやすく解説する見学施設で、発電所の稼動開始に合わせ、2013年秋のオープンを予定しています。

見学施設完成予想図
見学施設完成予想図
発電所を一望できる展望コーナー
発電所を一望できる展望コーナー

■見学施設の概要
所在地 鹿児島県鹿児島市七ツ島2丁目
(鹿児島七ツ島メガソーラー発電所 入口付近)
敷地面積 6898.00m2  (鉄筋コンクリート造 2階建て)
延床面積 484.74m2
オープン予定 2013年秋

昨年7月より、再生可能エネルギーの固定価格買取制度が開始されたことにより、国内では太陽光発電所の建設が次々と進められています。2013年には、日本の太陽光発電の市場規模が世界1位になる見通しとなるなど、今後は、世界No.1市場の日本で太陽光発電を学びたいと世界中からの関心が高まることが予測されます。
本施設は、国内最大級の鹿児島七ツ島メガソーラー発電所に隣接され、子どもからビジネスマンなど幅広い層の方々に、太陽エネルギーの特性や地球環境問題、また日本の太陽光発電システムの技術力などについて学んでいただくことができる施設として、鹿児島市の協力を得ながら計画しています。
また、施設内の展望コーナーはサークル型となっており、約29万枚の太陽光発電パネルが整然と並ぶメガソーラー発電所を一望できるほか、天候が良ければ、桜島の雄大な自然景観もお楽しみいただくことができ、修学旅行生や観光客が立ち寄ることができる施設として鹿児島の地域振興に寄与できるものと考えています。
鹿児島メガソーラー発電株式会社は、今回建設する見学施設を通じて、日本の優れた技術である太陽光発電システムを広く正しく理解いただくことで、地域活性化に寄与するとともに、再生可能エネルギーの普及を促進し、地球環境ならびに地域や人類社会に貢献してまいります。

※金額ベースでの市場規模(米調査会社IHS発表)

■展示ゾーン概要(予定)

ゾーン名称

内容

①太陽の巨大な力 太陽エネルギーの大きさや地球に届くまでの流れ、またその役割など、人類に恵みをもたらす太陽エネルギーの基礎知識について解説します。
② 地球環境とエネルギー 地球温暖化や大気汚染などの環境問題の現状を紹介し、太陽光が地球環境にやさしいエネルギーであることを解説します。
③ メガソーラー発電所 太陽光発電のしくみや、鹿児島七ツ島メガソーラー発電所の概要、鹿児島市の家庭に電気が届くまでの流れについて紹介。また、本発電所の発電量をリアルタイムで確認することができるモニターの設置もおこないます。
④ 身近な省エネ 地球環境にやさしい暮らし方の情報をクイズ形式で紹介します。

■鹿児島七ツ島メガソーラー発電所概要
発電能力 太陽光発電システム70MW
所在地 鹿児島県鹿児島市七ツ島2丁目
土地面積 約102万m2
年間発電電力量 約78,800MWh(予測)
※一般家庭の約22,000世帯分に相当。
  年間約25,000tのCO2削減に貢献
建設スケジュール 着工:2012年9月
完成:2013年秋
鹿児島七ツ島メガソーラー発電所(2013年5月時点)
鹿児島七ツ島メガソーラー
発電所
(2013年5月時点)

■会社概要
社名 鹿児島メガソーラー発電株式会社
本社所在地 鹿児島市鴨池新町1-1(㈱九電工 鹿児島支店内)
代表者 代表取締役社長 北村 信夫
(京セラ㈱執行役員上席 ソーラーエネルギー事業本部長)
設立 2012年7月10日
資本金 約43億円
出資会社 京セラ(株)、KDDI(株)、(株)IHI、(株)九電工、(株)京都銀行、
(株)鹿児島銀行、(株)竹中工務店     計7社
事業内容 太陽光発電による九州電力への電力供給
事業期間 電力供給開始から20年間

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

環境製品 (太陽光発電等)の最新ニュース

このページのお問い合わせ