ニュースリリース

2013年

2013年11月29日

京セラ4年連続受賞、鹿児島川内工場の省エネ活動が評価される

「平成25年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰」を受賞

2013年11月29日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

京セラ株式会社(社長:山口 悟郎)は、このたび、鹿児島川内工場(鹿児島県薩摩川内市)が行う省エネルギーによる温暖化防止活動と地域への社会貢献活動が評価され、環境省が実施する「平成25年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰(対策活動実践·普及部門)」を受賞しましたのでお知らせいたします。
同表彰は、環境省が地球温暖化対策を推進する一環として、平成10年から毎年、地球温暖化防止月間にあたる12月に、地球温暖化の防止に顕著な功績のあった個人や団体の功績をたたえるものです。当社は、平成22年度に高出力太陽電池モジュールが「技術開発·製品化部門」を、平成23年度に滋賀蒲生工場·滋賀八日市工場、平成24年度に福島棚倉工場が「対策活動実践部門」を受賞しており、今回で4年連続の受賞となります。
京セラグループは、今後も地域社会の発展と地球環境の保護に貢献する活動を積極的に推進してまいります。

写真:排熱を再利用しているターボ冷凍機
排熱を再利用しているターボ冷凍機
工場屋根に設置の太陽光発電システム(出力:158kW)
工場屋根に設置の太陽光発電システム(出力:158kW)


■受賞内容
「徹底したエネルギー原単位改善を目指した省エネルギーによる温暖化防止活動と地域への社会貢献活動」

京セラ鹿児島川内工場では、ターボ冷凍機の排熱の再利用、工場屋根への遮熱塗装、太陽光発電システムの設置などさまざまな活動により、エネルギー排出量の削減に取り組んでいるほか、環境出前授業や、地域行政とのパートナーシップの締結など地域社会への貢献活動を展開しています。このたび地元行政である鹿児島県薩摩川内市の推薦によりエントリーし、省エネルギー対策が多岐に渡っている点や、地域に密着した環境活動を実践している点などが評価され、「対策活動実践·普及部門」での受賞となりました。
※エネルギー原単位とは、エネルギー使用に関する効率を表す指標で、生産金額当たりのエネルギー使用量のこと。

【参考資料】具体的な活動について(応募資料の要約)
活動項目 主な活動内容
①省エネ活動事例 工場内の幅広い箇所において省エネ活動を実践することにより、2012年度には前年度に比べて、温室効果ガス排出量を1,893トン、原単位当たりで14.7%削減した。
①ターボ冷凍機の排熱利用による省エネ

ターボ冷凍機のコンプレッサーの排熱から温水を作ることで、ボイラーを停止しLPガス使用量を年間76,000m3削減し、温室効果ガスを年間547トン削減した。
②空気圧縮機の台数制御、配管適正化による省エネ
従来分散していたコンプレッサーを集中配置し、台数制御および配管の適正化を図ることにより、電気使用量を年間788,690kWh削減し、温室効果ガスを年間291トン削減した。
③二流体噴霧加湿導入による省エネ
クリーンルーム内の加湿を、従来のボイラー蒸気方式より、水と圧縮空気を使用した二流体噴霧加湿方式に変更することで、LPガス使用量を年間13,250m3削減し、温室効果ガスを年間95トン削減した。
④工場屋根遮熱塗装による省エネ
従来の一般屋根塗装を遮熱塗装に変更することで屋根表面温度を20℃低減。空調負荷の低減により電気使用量を年間157,036kWh削減し、温室効果ガスを年間59トン削減した。
⑤真空ポンプの台数制御による省エネ
真空ポンプの台数制御により、電気使用量を年間269,576kWh削減し、温室効果ガスを年間99トン削減した。
⑥空調用2次冷水ポンプ運用見直しによる省エネ
空調用2次冷水ポンプの運用見直しにより、電気使用量を年間665,071kWh削減し、温室効果ガスを年間245トン削減した。
⑦LED照明導入による省エネ
工場内の照明にLED照明を導入することにより、電気使用量を年間272,424kWh削減し、温室効果ガスを年間101トン削減した。
⑧グリーンカーテンによる省エネ
本館事務所建屋の東側にゴーヤによるグリーンカーテンを設置し、建屋壁面の表面温度を下げることで、空調負荷の低減、電気使用量の削減に寄与した。
⑨太陽光発電システムの導入
工場建屋の屋根に158kWの太陽光発電システムを導入。年間182,537kWhを発電し、温室効果ガスを60トン削減した。
②その他の地球温暖化防止活動事例 ①モーダルシフトの推進
工場から福岡、秋田への製品等の発送を従来のトラック便から貨物便に変更することで、輸送にかかる温室効果ガスの排出量を削減した。
③地域への社会貢献活動事例 ①環境出前授業
社員が講師となり周辺地域の小学校にて太陽電池を題材とする環境出前授業を展開。2007年度から2012年度にかけて、累計96校にて144回の授業を実施した。
②「かごしま環境パートナーズ協定」の締結
企業の環境貢献活動と県の施策のマッチングを図り、官民協働の環境貢献活動を推進することを目的とした「かごしま環境パートナーズ協定」を締結し各種活動を行う。
③社員ボランティアによる森林保全活動
間伐森林の保全や土地固有生物種の生息域保全と同時に、生物多様性保全に対する従業員の意識向上をはかるため 、社員のボランティアによる工場敷地内の社有林の整備を行う。
④各種環境イベントへの参加
鹿児島県や薩摩川内市にて開催される各種環境イベントに積極的に参加。2012年に開催された薩摩川内市次世代エネルギーフェアでは、太陽電池関連製品を展示することで協力。

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

環境·社会活動の最新ニュース

このページのお問い合わせ