ニュースリリース

2014年

2014年02月18日

インドにおける京セラグループ初の生産拠点

「京セラCTC精工株式会社」の竣工式について

2014年02月18日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社(社長:山口 悟郎)は、かねてより建設を進めてまいりました、インドにおける京セラグループ初の生産拠点「京セラCTC精工株式会社」※1の建屋が完成し、2月17日(インド時間)、竣工式を執り行いましたのでお知らせいたします。

写真:京セラCTC精工 外観
京セラCTC精工 外観
写真:(右から3人目)京セ(株)代表取締役会長 久芳徹夫(左から3人目)CTC(インド)社マネジングディレクター Ramesh Agarwalla氏
(右から3人目)
京セラ(株)代表取締役会長 久芳徹夫
(左から3人目)
CTC(インド)社マネジングディレクター
Ramesh Agarwalla氏

製造会社「京セラCTC精工」の設立は、インド国内で拡大する切削工具の需要に対応し、同国での機械工具事業を強化するためのものです。インド国内の切削工具市場は、自動車や産業機械、エネルギー、インフラなどの市場拡大に伴い、新興国の中で最も高い水準で推移しています。また、現地で生産する自動車メーカーなどではコスト競争力などを強化するために、同国内の製品を優先的に購買する動きが広がっています。
当社では、このようなインド市場の動向に対応し、同国での機械工具事業の拡大を図るべく京セラCTC精工を設立し、2012年11月より本拠点の建設を進めてまいりました。

「京セラCTC精工株式会社」の概要
所在地 インド国ジャールカンド州ジャムシェドプール(インド東部)
着工 2012年11月
稼働開始 2013年12月
敷地面積 約8,000m2
延床面積 約7,000m2 (2階建て)
主要生産品目 刃先交換チップ、ホルダー
生産能力 刃先交換チップを中心に、月産10万個から生産開始。

■竣工式でのあいさつ
京セラ株式会社 代表取締役会長 久芳徹夫(要約)

京セラグループは、各種ファインセラミック部品 · 電子デバイス · 切削工具などの部品事業に加え、携帯電話 · 複写機 · 太陽電池などの機器事業、さらには、ICT事業をはじめとするサービス業まで幅広い事業を世界中で展開している。
京セラCTC精工株式会社は、当社グループのインドにおける最初の生産拠点であり、今後のインドでの事業展開の試金石となる。この新しいジャムシェドプールの新工場で、インドの仲間とともに仕事ができることを非常に嬉しく思うと同時に、我々の成功がジャムシェドプール、ひいてはインド発展の一助となることを願っている。
全員の力でぜひとも成功させ、大きく発展することを期待している。

■京セラの機械工具事業のインド展開について
当社のインドでの機械工具事業は、現在、グルガオン、チェンナイ、バンガロール、プネの4都市に営業拠点を設けており、2012年9月には技術サポートを行う「インドテクニカルセンター」をグルガオンに開設しました。
このたび製造会社「京セラCTC精工」の稼働により、同国で生産・営業・テクニカルサポートの3体制が整いました。

※1.京セラCTC精工株式会社は、京セラの100%子会社でアジア地区の販売会社である京セラアジアパシフィック(KYOCERA Asia Pacific Private Limited、社長:青沼 健司)とインドの切削工具などの製造会社であるCTC(インド)(CTC(India)Private Limited)の両社で設立した製造会社。

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

経営·人事·財務情報の最新ニュース

このページのお問い合わせ