ニュースリリース

2014年

2014年03月17日

本社展示施設「京セラファインセラミック館」「ショールーム」の全面リニューアルについて

2014年03月17日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社(社長:山口 悟郎)は、本社ビル(京都市伏見区)内の展示施設「京セラファインセラミック館」ならびに「ショールーム」を全面リニューアルし、本日3月17日(月)より開館いたしますのでお知らせいたします。
当施設は、1998年に本社を京都市伏見区に移転した際に開館し、ファインセラミックスの技術開発と製品発展の歴史、京セラグループの製品 · サービスなどを約1,000m2のスペースで展示しております。開館以来、国内外より毎年約1万人のお客様にご来場いただき、累計来場者数は約20万人にのぼります。
当施設は、開館より15年以上が経過しており、近年、事業が拡大する京セラグループの最新製品やサービスをさらにわかりやすくご覧いただくため、展示内容を充実させ、全面的にリニューアルいたしました。

■展示施設の概要
写真:「京セラファインセラミック館」 写真:「ショールーム」
写真:「京セラファインセラミック館」 写真:「京セラファインセラミック館」 写真:「ショールーム」 写真:「ショールーム」
「京セラファインセラミック館」「ショールーム」

名称 「京セラファインセラミック館」、「ショールーム」
所在地 京セラ(株)本社ビル2階(京都市伏見区竹田鳥羽殿町6番地)
開館時間 午前10時~午後5時
休館日 土曜 · 日曜 · 祝日および会社休日
※京セラ美術館特別展が開催される3月27日(木)~4月26日(土)は、毎日開館いたします。
見学のお問合せ 京セラ(株)広報室 TEL:075-604-3515 FAX:075-604-3516
WEBサイト http://www.kyocera.co.jp/company/csr/facility/

「京セラファインセラミック館」では、ファインセラミックスの技術開発の歴史とともに、ファインセラミックスのさまざまな特長を実験VTRと動作モデルでわかりやすく体感いただけるコーナーをリニューアルしたほか、宇宙開発や深海探査など極限の世界で科学の進歩発展に貢献するファインセラミック製品の展示コーナーを新設するなど内容を充実させています。
「ショールーム」では、京セラグループの最新製品 · サービスを「自動車関連」「通信 · ネットワーク関連」など各産業分野ごとにわかりやすく展示するとともに、5台の70インチ大型モニターで、その概要をご覧いただけるように改装しています。また、環境エネルギーエリアでは、長期信頼性をベースとした最新の住宅用太陽光発電システムやグローバルに展開する太陽電池の設置事例などを展示するとともに、120インチの大型スクリーンの映像で概要をご覧いただけます。

■主な展示内容
①「京セラファインセラミック館」
<ファインセラミックスの技術変遷>
写真:<ファインセラミックスの技術変遷=
1959年の創業期から2013年までのファインセラミックスの技術変遷と製品発展の歴史を年度ごとに紹介しています。また、京セラグループの沿革を各年代ごとにまとめたVTRも視聴いただけます。
<ファインセラミックスの特性>
写真:<ファインセラミックスの特性>
高硬度や剛性、また圧電性や耐熱性などさまざまなファイセラミックスの特性を実験VTRで視聴いただけるとともに、動作モデルでも体感いただけるコーナーです。
<極限の世界で活躍するファインセラミックス>
写真:<極限の世界で活躍するファインセラミックス>
小惑星探査機「はやぶさ」のリチウムイオン電池端子に採用された製品や約11,000mの深海で地震観測現場を支える耐圧容器など宇宙や深海など極限の世界で活躍するファインセラミック製品を展示しています。
<半導体産業とセラミックパッケージの歴史>
写真:<半導体産業とセラミックパッケージの歴史>
半導体産業の発展を支え続けてきた京セラのセラミックパッケージ製品の開発の変遷を半導体産業や京セラのトピックスとともに、幅5mの大型パネルでご覧いただけます。

②「ショールーム」
<京セラグループの最新製品>
<京セラグループの最新製品><環境エネルギーエリア>
「自動車関連」「通信 · ネットワーク関連」「情報機器関連」「生活文化 · 医療」「産業機器 · その他」の産業分野において、それぞれで活躍する京セラグループの最新製品やサービスをわかりやすく展示しています。また、各産業分野ごとに設置した5台の70インチ大型モニターでその概要を製品展示とともにご覧いただけます。
<環境エネルギーエリア>
<環境エネルギーエリア> <環境エネルギーエリア>
「環境エネルギーエリア」では、長年に亘る太陽電池開発の歴史や長期信頼性、また最新の住宅用システム製品やグローバルに展開する太陽電池の設置事例などを展示するとともに、120インチの大型スクリーンでその概要をご覧いただけます。また、環境保全に貢献する各種製品も展示しています。

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

その他(イベント等)の最新ニュース

このページのお問い合わせ