ニュースリリース

2014年

2014年07月04日

京セラ(株)鹿児島国分工場の新たな用地取得について

2014年07月04日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社(社長:山口 悟郎)は、鹿児島国分工場(鹿児島県霧島市)の新たな用地として、霧島市が所有する国分上小川工業団地の土地(約106,000m2)を取得することを決定しましたのでお知らせいたします。

当社鹿児島国分工場は1972年に稼動を開始して以来、ファインセラミック部品や各種電子部品などの生産および研究開発の拠点として展開し、現在では従業員数約4,500人を数える国内有数の大規模工場として、当社の生産活動を支えています。
近年、同工場では事業拡大に伴い、工場建屋を拡張するなかで、従業員用駐車場の不足が課題となっていました。また、以前保有していた福利厚生用グラウンドを工場建屋の建設などに充てるために廃止した経緯があり、グラウンドの再整備についても検討していました。
工場運営を適切に行っていく上では、工場建屋や生産設備のほか、従業員用駐車場や福利厚生施設などの周辺環境も含めて総合的に整備 · 充実させることが必要であり、今般取得する土地については、従業員用駐車場および福利厚生用グラウンドなどに活用することといたしました。
なお、グラウンドについては、社内の運動会や地域の方々にも参加いただく夏祭りなどで使用するとともに、本年5月に同工場に活動拠点を移管した女子陸上競技部の本格的な練習場として活用するべく、400mトラックやクロスカントリー模擬コースなどの施設を導入する予定です。すでに導入した最新の屋内トレーニング施設に加え、トラックなど屋外施設を充実させ、女子陸上競技部の強化につなげてまいります。


■用地取得の概要
1. 所在地および面積
鹿児島県霧島市国分上小川字大ノ丸1450番1 54,383m2
鹿児島県霧島市国分上小川字榎川原1002番1 51,852m2
  計 106,235m2

2. 取得価格 :約13.6億円

3. 引渡時期 :2014年7月


■取得用地
図:取得用地
Aブロック:鹿児島県霧島市国分上小川字大ノ丸1450番1(54,383m2
Bブロック:鹿児島県霧島市国分上小川字榎川原1002番1(51,852m2

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

経営·人事·財務情報の最新ニュース

このページのお問い合わせ