ニュースリリース

2014年

2014年07月31日

京セラグループにおける有機基板事業の統合について

2014年07月31日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社(社長:山口 悟郎)は、当社グループにおける有機基板事業のさらなる強化 · 拡大を図るため、同事業を展開する京セラSLCテクノロジー株式会社(本社:滋賀県野洲市、社長:灘 和之、以下 KST)および、京セラサーキットソリューションズ株式会社(本社:東京都港区、社長:西山 洋介、以下 KCS)の2社を経営統合することを決定しましたのでお知らせいたします。

■新会社の概要
社名 京セラサーキットソリューションズ株式会社
本社所在地 滋賀県野洲市市三宅656
代表者 代表取締役会長 久芳 徹夫
代表取締役社長 灘 和之
資本金 40億円
従業員数 約1,800名(本年6月末時点)
統合時期 2014年10月1日(予定)

■目的および主旨
京セラグループでは、有機基板事業の強化 · 拡大を図るため、昨年末にKST京都綾部第2工場を建設し、今月より一部稼動を開始しました。また、2013年10月には、プリント配線板メーカーである株式会社トッパンNECサーキットソリューションズの全株式を取得し、KCSを設立。マザーボード分野において豊富な製品群や高度な薄型基板技術を有する同社をグループに迎えることで、有機パッケージからマザーボードまで幅広い事業展開が可能となりました。
このたびの経営統合は、KSTとKCS両社の経営リソースを集約し、これまでに培ってきた有機基板の設計 · 製造技術を相互活用するとともに、営業部門の一体化による商品提案力の強化や海外での拡販などに取り組むためのものです。
今後は両社のシナジーを一層加速させ、有機基板のトータルソリューションを提供できる総合メーカーとして、お客様の多様なニーズにお応えすることで、事業拡大を目指してまいります。

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

経営·人事·財務情報の最新ニュース

このページのお問い合わせ