ニュースリリース

2014年

2014年09月30日

京セラ、三菱UFJリース、竹中工務店、
3社による太陽光発電事業の合同会社を設立

2014年09月30日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社
三菱UFJリース株式会社
株式会社竹中工務店
京セラ株式会社(本社:京都市伏見区、社長:山口 悟郎、以下「京セラ」)、三菱UFJリース株式会社(本社:東京都千代田区、社長:白石 正、以下「三菱UFJリース」)、株式会社竹中工務店(本社:大阪市中央区、社長:宮下 正裕、以下「竹中工務店」)の3社は、太陽光発電による売電事業を実施することを目的に共同出資会社「KMTソーラー合同会社」を設立いたしましたので、お知らせいたします。

新会社では、企業などが保有する遊休地などを対象として売電事業を日本各地で実施していく予定です。本事業において、京セラグループは太陽電池モジュール・周辺機器の供給と保守管理業務を、三菱UFJリースは会社運営事務とプロジェクトファイナンスを活用した資金調達を、竹中工務店は発電所の設計及び施工をおこないます。現在、複数の候補案件をあげて各関係先と交渉中であり、早ければ2015年中の建設着工及び稼働を目指しております。

今後は、太陽電池事業で培った豊富な事業経験を有する京セラ、幅広いファイナンスの知識を有する三菱UFJリース、高いトータルエンジニアリング力を有する竹中工務店の3社が協働し、それぞれが持つ豊富な太陽光発電事業のノウハウを強みに積極的に同事業を推進することで、再生可能エネルギーの普及促進と環境負荷低減に貢献してまいります。

■会社概要
社  名KMTソーラー合同会社
所 在 地東京都千代田区
資本構成京セラ40%、三菱UFJリース40%、竹中工務店20%
設立年月2014年9月30日
事業内容太陽光発電所の建設および売電事業

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

環境製品 (太陽光発電等)の最新ニュース

このページのお問い合わせ