ニュースリリース

2014年

2014年10月27日

au VoLTE対応による高音質通話※1を実現する

京セラ製スマートフォン「URBANO(アルバーノ) V01」、新登場

2014年10月27日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社(社長:山口 悟郎)は、KDDI株式会社(以下、KDDI)向けの新製品として、auの4G LTEによる高音質な通話を実現するau VoLTEに対応したスマートフォン「URBANO(アルバーノ) V01」を製品化しましたので、お知らせいたします。
写真:「URBANO V01」左より、ロイヤルブルー、プラチナホワイト、フォレストグリーン
「URBANO V01」左より、ロイヤルブルー、プラチナホワイト、フォレストグリーン

商品名 URBANO (アルバーノ)V01
価格 オープン価格
カラー ロイヤルブルー、プラチナホワイト、フォレストグリーン
発売元 KDDI株式会社、沖縄セルラー電話株式会社

「URBANO」は、上質なデザインと充実した機能を両立し、初めての方でも使いやすい機能や操作性と、落下や水濡れに対しても安心の耐衝撃※2、防水※3、防塵※4性能を備えたauの人気スマートフォンブランドです。
新製品では、au VoLTEに対応したことで、より本来の肉声に近い高音質な通話を実現※1するとともに、アプリを使用しながら着信を受け、通話ができるなどの新たな機能も搭載。高音質通話、耐久性、操作性にこだわることで、使う方にとってさらに使いやすく価値あるスマートフォンを目指しました。また、手に収まりやすいラウンドフォルムに、フルメタルキーを配した新製品は、URBANOシリーズの上質なデザインと操作性を継承しています。

本製品は、本日KDDI株式会社より発表された新製品ラインアップとして、ロイヤルブルー、プラチナホワイト、フォレストグリーンの3色のカラーバリエーションをご用意しました。

■「URBANO V01」の特長
1. au VoLTEに対応し、より高音質な通話を実現※1
1) 従来の通話ではカバーできなかった周波数帯域まで対応することで、これまでよりも相手の声が聞きやすくなります。
2) サイトや動画の閲覧中でも操作画面のままで着信を受け通話することができる「シンクコール」に対応。閲覧画面を中断することなく会話をお楽しみいただけます。
3) 複数の人が同時に通話できる「ボイスパーティ」※5に対応。スマートフォンを介して、複数の友人同士でのコミュニケーションを楽しめます。
さらに、騒がしい場所でも相手の声が聞きやすい京セラ独自機能「スマートソニックレシーバー®」も搭載。好みに合わせ聞こえ方を調整できる「聞こえ調整機能」「ゆっくり通話」にも対応し、快適な通話にこだわりました。
2. 安心してお使いいただける耐久性を実現
1) 耐衝撃※2、防水※3、防塵※4性能を備えているので、日常シーンにおいて安心してお使いいただけます。
2)
写真:「URBANO V01」段差をつけたディスプレイ部
段差をつけたディスプレイ部
ディスプレイには、落としても割れにくいDragontrail®Xを採用。また、ディスプレイの周囲の高さを上げることで、ガラス面を保護し、落とした時にもディスプレイを割れにくくしています。
3)
写真:「URBANO V01」卓上ホルダ
卓上ホルダ
3,000mAhの大容量バッテリーを搭載しているので、長時間の使用でも安心してお使いいただけます。また、付属の急速充電対応卓上ホルダを使えば、30分で約50%の充電が可能※6です。
4) 賢く消費電力を抑える機能を搭載
持っている人の動きを感知し、移動中はWi-Fi®をOFFにし、止まっているときに自動接続する京セラオリジナル機能「インテリジェントWi-Fi®」や、使っていないアプリのバックグラウンド通信を停止するオート通信制御に対応しています。
3. 簡単な操作による高画質を実現するカメラ機能
1) 約1,300万画素のカメラには、ソニー製裏面照射CMOSセンサー「Exmor RS for mobile」と京セラ独自の画像処理エンジン「AINOS Engine®」を搭載しているので、明るい場所でも薄暗い場所でも、きれいに撮影ができます。
2) カメラキーを長押しするだけでカメラが起動する簡単な操作でお使いいただけます。
4. 快適な使い心地を実現
1) スマートフォンを使い慣れた方にも、初めての方にも使いやすいホームスクリーンとメニュー画面を4種ご用意しました。お好みに合わせ使いやすいホームアプリを選択しお使いいただけます。
写真:左より、標準ホーム、かんたんメニュー、auベーシックホーム、エントリーホーム
左より、標準ホーム、かんたんメニュー、auベーシックホーム、エントリーホーム
2) その他、使う方の操作をサポートする機能も搭載。例えば、電車への乗車を検出し自動でマナーモードへ切り替えたり、イヤホンを装着した際によく使うアプリを表示したりするなど、シーンに合わせ自動的に操作をアシストする機能※7や、片手で操作をサポートするスライドスクリーン、電話帳やアプリ一覧のタブ表示を左手、右手、どちらでも使いやすい方へ切り替えられるタブ表示などに対応しています。
写真:左より、「スライドスクリーン」、「左手用タブ表示」

■「URBANO V01」の主な仕様
カラー ロイヤルブルー、プラチナホワイト、フォレストグリーン
サイズ(幅×高さ×厚さ) / 重量 約70×141×9.9mm / 約155g
バッテリー容量 3,000mAh
充電時間 約120分
連続通話時間 / 連続待受時間 約1,510分 / 約750時間
au ICカード種類 au Nano IC Card 04
OS AndroidTM4.4(KitKat®
CPU MSM8974AB(2.3GHz)クアッドコア
メモリ 内蔵ROM : 16GB / RAM : 2GB
外部microSDTM / microSDHCTM / microSDXCTM(最大128GB)
対応通信規格 4G LTE(キャリアアグリゲ―ション対応) / WiMAX2+
最大通信速度 受信150Mbps / 送信25Mbps
ディスプレイ 約5.0インチ フルHD TFT液晶
カメラ メイン : 約1,300万画素CMOS
サブ : 約97万画素CMOS
外部接続 Wi-Fi : IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth® : Ver.4.0
外部デバイス・その他 : ステレオイヤホンジャック / MHL / DLNA
耐衝撃 / 防水 / 防塵 耐衝撃(MIL規格準拠)※2 / 防水(IPX5 / IPX8)※3 / 防塵(IP5X)※4

※1 au VoLTE対応機種同士(auの4Gエリア内)の場合、高音質通話となります。その他の場合は、従来の音質相当での通話となります。本機種は、日本国内において3G通信はご利用いただけません。また、実際の音声品質は、電波環境や回線の混雑状況により変化します。
※2 耐衝撃 ※3 防水 ※4 防塵について
[耐衝撃について]米国国防総省が制定したMIL-STD-810G Method 516.6:Shock-ProcedureIVに準拠した規格において、高さ1.22mから合板(ラワン材)に製品を26方向で落下させる試験を実施しています。すべての衝撃に対して保証するものではございません。
[防水・防塵について]
※ IPX5 : 内径6.3mmのノズルを用いて、約3mの距離から約12.5リットル/分の水を3分以上注水する条件で、あらゆる方向からのノズルによる噴流水によっても、電話機としての性能を保ちます。
※ IPX8 : 常温で、水道水、かつ静水の水深1.5mの水槽に電話機本体を静かに沈め約30分間水底に放置しても、本体内部に浸水せず、電話機としての性能を保ちます。
※ IP5X : 防塵試験用粉塵(直径75μm以下)が入ったとしても所定の動作および安全性を損なわないように保護されていることを意味します。砂浜などの上に置かないでください。汚れた場合、すぐに常温の弱めの水道水で洗い流してください。ブラシやスポンジ、洗剤などを使用しないでください。

※5 ご利用には別途auへのお申し込み(有料)が必要です。また、別途人数分の通話料が発信者にかかります。
※6 お客様のご利用環境や通話環境により、ご利用時間は異なります。
※7 事前に設定が必要です。

画面はイメージです。実際の画面と異なる場合があります。※通信環境やご利用方法により利用時間が異なります。
※「AINOS Engine」、「インテリジェントWi-Fi」、「エントリーホーム」、「スマートソニックレシーバー」、は、京セラ株式会社の登録商標です。※Google 、Android 、Google Play およびその他のマークは、Google Inc. の商標です。※Wi-Fi®はWi-Fi Allianceの登録商標です。※Bluetooth®ワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG,Inc.が所有する登録商標であり、京セラ株式会社は、これら商標を使用する許可を受けています。※静止画手ブレ補正機能には株式会社モルフォの「PhotoSolid」を採用しています。「PhotoSolid」は株式会社モルフォの登録商標です。※背景ぼかし画像生成技術には「Morpho Defocus」を採用しています。「Morpho Defocus」は株式会社モルフォの登録商標です。※シーン検出技術には株式会社モルフォの「PhotoScouter」を採用しております。「PhotoScouter」は株式会社モルフォの登録商標です。※超解像技術には「Morpho SuperResolution」を採用しています。「Morpho Super Resolution」は株式会社モルフォの商標です。※夜景ポートレート撮影向け合成技術には「Morpho Night Portrait」を採用しています。「Morpho Night Portrait」は株式会社モルフォの商標です。※最新画像抽出技術には株式会社モルフォの「Morpho Smart Select 」を採用しております。「Morpho Smart Select 」は株式会社モルフォの商標です。※画像エフェクト技術には株式会社モルフォの「Morpho Effect Library」を採用しております。「Morpho Effect Library」は株式会社モルフォの商標です。※動画手ブレ補正機能には株式会社モルフォの「MovieSolid」を採用しております。「MovieSolid」は株式会社モルフォの登録商標です。※文字変換は、オムロンソフトウェア株式会社のiWnn IMEを使用しています。iWnn IME©OMRON SOFTWARE Co., Ltd. 2009-2013 All RightsReserved.※書体切り替えには、株式会社リムコーポレーションの「もじチェン」を使用しています。「もじチェン」は株式会社リムコーポレーションの登録商標です。※本製品には、株式会社リムコーポレーションの書体を搭載しています。※本製品には、株式会社モリサワの書体を搭載しています。※MHLのロゴ、MHLおよびMobile High-Difinition LinkはMHL,LLCの商標です。※LTEは、ETSIの商標です。※「Exmor RS for mobile」、「Exmor RS for mobile」ロゴはソニー株式会社の商標です。※microSD、、microSDHC、microSDXCロゴはSD-3C,LLCの商標です。※Dragontrail®とそのシンボルマークとは旭硝子株式会社の登録商標です。※その他の社名および商品名は、それぞれ各社の登録商標または商標です。

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

携帯電話·スマートフォンの最新ニュース

このページのお問い合わせ