ニュースリリース

2014年

2014年12月22日

京セラ独自のギザギザ刃で、滑りやすい食材も食品パックもカットできる

「便利なナイフ」新発売

2014年12月22日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社(社長:山口 悟郎)は、セラミックキッチン用品の新製品として、ナイフの刃部に当社独自のギザギザ刃を採用することで、幅広い用途に使用できる「便利なナイフ」を商品化し、本年12月20日(土)より全国の量販店、専門店および通信販売などで順次販売を開始しますのでお知らせいたします。
図:便利なナイフ (刃渡り12cm)商品説明

■製品概要
商品名 便利なナイフ (刃渡り12cm)
型番 MG-120-N
サイズ 23.5×2.9×1.9cm
価格 3,800円(税抜)
発売日 12月20日(土)より、全国の量販店、専門店および通信販売などで
順次発売開始

図:さまざまな使用例 (左から:トマトのカット/パンのカット/レトルトパックの開封/豆腐の開封)説明
さまざまな使用例 (左から:トマトのカット/パンのカット/レトルトパックの開封/豆腐の開封)

このたびの新製品は、従来のセラミックナイフの特長に加え、ギザギザ刃を採用したことで、幅広い用途に使用することが可能となりました。一般的にやわらかく滑りやすいとされる完熟トマトや鶏肉の皮、パンなどのカットに適しているだけでなく、レトルトパックや豆腐の容器などの開封にもこのナイフ1本で対応できる便利なナイフです。

■開発背景
近年、忙しい中でも効率よく料理をしたいといった主婦や一人暮らしの方々などをサポートするのに役立つ便利な調理グッズに注目が集まっています。こうした中、朝食や弁当づくりなどの忙しい時間帯の料理に“こんな使い方ができたら便利”という発想から、本製品が誕生しました。当社が長きにわたり培ってきたファインセラミックスの製造ノウハウを生かした独自のギザギザ刃が、滑りやすく切りにくいとされるトマトや鶏の皮などの食材の調理に最適です。さらに食品パックや容器なども開封することができ、1本で幅広い用途に使用することができる新しいナイフとしてこのたびの「便利なナイフ」を開発しました。

■商品特長
1.刃部に独自の「ギザギザ刃」を採用
刃の表面がギザギザになるよう専用の砥石で特殊加工を施し、セラミックナイフの刃部にギザギザ刃を実現しました。刃部を均一の細かい波型にしたことによって、一般的に切りにくいとされる食材の表面をしっかりと捉え、滑ることなくスムーズに切ることを可能にしました。

2.コンパクトな刃渡り12cmの新サイズ
刃渡り12cmのコンパクトな新サイズ。幅広い用途に使用が可能なこのナイフの目的を最大限に引き出すための最適なサイズを実現。また、刃の先端形状は、従来モデルに比べ角度をつけているため、滑りやすい食材や食品パックなどの切り始めに、切りこみやすくなっています。

3.刃材質にファインセラミックスを使用
セラミックナイフは、金属包丁とは異なり「軽くて錆びない」、「磨耗しにくく鋭い切れ味を長く保つ」、「除菌漂白できるため清潔」といった特長があります。また、金気を出さないのでフルーツや野菜などのカットにも適しています。

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

キッチン用品·宝飾品の最新ニュース

このページのお問い合わせ