ニュースリリース

2015年

2015年01月19日

京セラジュニア向けスマートフォン「miraie(ミライエ)」

カメラ機能付き防犯ブザーとお子さまの安全・安心をサポートする各種制限機能搭載

2015年01月19日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

京セラ株式会社(社長:山口 悟郎)は、KDDI株式会社(以下、KDDI)向けの新商品として、ジュニア向けスマートフォン「miraie」を製品化しましたのでお知らせいたします。

本製品は、お子さまの成長に合わせ、アプリの利用やスマートフォンの利用時間などのきめ細やかな設定ができる制限機能や、カメラ機能付き防犯ブザーの搭載により万が一の際の安全性を高めるなど、小学生高学年のお子さまとその保護者の「安心・安全」をサポートする機能を搭載しました。また防水※1、防塵※2、耐衝撃※3対応による「丈夫さ(堅牢性)」を備え、さらに、お子さまが楽しく使える便利なコンテンツも「充実」させたスマートフォンです。幅64㎜の柔らかな形状でお子さまの小さな手でも持ちやすく、また、スマートフォンを持つ楽しさを3色のカラフルな色の組み合わせで表現しました。
「ピンクソーダ」、「メテオブルー」、「シトラスホワイト」のカラーバリエーションをご用意したmiraieは、本日KDDIより発表された新製品ラインアップとなります。

写真:miraie
「miraie」左より「ピンクソーダ」「メテオブルー」「シトラスホワイト」

製品名 miraie(ミライエ)
カラー ピンクソーダ、メテオブルー、シトラスホワイト
発売元 KDDI株式会社、沖縄セルラー電話株式会社

■miraie開発の背景
スマートフォンの普及拡大に伴い利用者層が多様化する中、ジュニア向けスマートフォンへのニーズも高まっています。
有害サイトへの接続や月々の料金に対する不安とともに、落下や水濡れによる故障などから、お子さまにスマートフォンを持たせることに不安を感じる一方で、もしもの際の安全確認の機器として、スマートフォンを持たせたいと考えている保護者も多くいらっしゃいます。

京セラは、miraieを通して、お子さまに楽しく、正しくスマートフォンをお使いいただく機会を提案するとともに、お子さまの安全と保護者の安心をサポートするため、「安心・安全」、「丈夫さ(堅牢性)」、便利なコンテンツの「充実」の3つにこだわりました。

■miraieの主な特長
Ⅰ.「安心・安全」をサポートする機能
1. お子さまの安全と保護者の安心を守る機能
1)有害サイトアクセス制限
Webサイトの内容を判断し、不適切な場合には自動でブロックするフィルタリング機能付きブラウザを備えています。お子さまの年齢(小学生/中学生)に合わせたフィルタリングのレベル設定や、保護者が安全と判断したWebサイトのみ登録・閲覧を許可することも可能です。
※Wi-Fi®通信時にも対応しています。※フィルタリングのOFF設定はできません。

2)アプリ制限
保護者の承認がないとアプリを利用できないため、安心です。

※Google Play ストアTMには非対応。アプリのダウンロードは、auスマートパス(有料)からのみ行えます。

3)電話帳制限
電話帳登録者以外からの連絡をブロック。保護者の方が把握している相手とだけ連絡のやりとりができるため、知らない人からの電話やメールの危険からお子さまを守ります。
画像:アプリ制限
アプリ制限

2. 健全なスマートフォン利用をサポートする機能
1)利用時間制限と通話時間制限に対応
スマートフォンの利用時間帯の制限や、1日のうちで利用できる時間を設定できる利用時間制限※4や、1日、1カ月単位で電話の利用時間を設定することが可能な通話時間制限※5ができます。

画像:健全なスマートフォン利用をサポートする機能
利用時間制限設定(左)と通話時間制限設定(右)

※4 夜間、緊急時の安全性を確保するために、電話、Eメール、SMS、安心ナビ、防犯ブザーなどは利用時間制限の対象外となります。
※5 通話中に設定時間を超過した場合は、通話が継続されます。緊急連絡先との通話時間はカウントされません。


2)あんしん文字入力で、不適切な言葉の入力を自動チェック
メールなどの文字入力時にお子さまが使うのに適さない言葉が入力された場合は、不適切な言葉として警告を表示。また、その不適切な言葉が利用されると利用履歴に保存され、保護者の方が後から確認することもできます。

※全国webカウンセリング協議会監修
画像:アプリ制限
あんしん文字入力例

3. 万が一の時の安全性を高める機能
1)カメラ機能付き防犯ブザー
もしもの時には、本体サイドにある防犯ブザーを長押し、その後「開始」をタッチする(または防犯ブザーキーをもう一度押す)と防犯ブザーが鳴動。同時に、登録したメールアドレスへ位置情報を自動送信します。さらに自動で周囲の状況を複数枚撮影し、写真をメールで自動的に送信します。

※緊急連絡先は、保護者設定メニューより3件まで登録できます。位置情報や写真をメールで自動送信するには、インターネット 接続サービス(有料)のお申し込みが必要です。別途パケット通信料がかかります。電波を受信しづらい場所(地下街、建物内など)では、位置情報の精度が悪くなる場合があります。

画像:アプリ制限
もしもの時に押しやすい幅広のキーを採用した防犯ブザーキー(左)と
保護者に送られる位置情報と周囲の写真例(中・右)

2)歩きスマホ注意機能を搭載
画面が点灯した状態で持ち歩くと、スマートフォンが歩行中であることを検知し、警告を表示します。
画像:歩きスマホ注意機能を搭載
歩きスマホの警告表示

4. 親子で決めたルールを簡単に設定できる、保護者設定メニューを搭載
豊富に備えた設定項目をまとめて表示する保護者設定メニューを搭載しました。簡単に設定でき、また使用状況に応じて変更することも可能です。
【設定できる項目】
緊急連絡先/カメラ機能付き防犯ブザー/電話帳制限/アプリ制限/利用時間制限/Wi-Fi制限/有害サイトアクセス制限/あんしん文字入力/歩きスマホ注意など

Ⅱ.外で遊んでいても安心の「丈夫」な設計
防水※1・防塵※2に加え、耐衝撃※3にも対応

IPX5、IPX7の防水※1および、IP5Xの防塵※2に加え、miraieでは耐衝撃※3にも対応しているので、お子さまが外で遊んでいるときも安心して使用できます。ディスプレイには高い強度を実現した ガラスDragontrail®Xを採用し、また、周囲の高さを上げることでガラス面を保護しているので、うっかり落としても安心です。

Ⅲ.「充実」したツールと機能を搭載
人気タイトルや学習に役立つアプリが使い放題のauスマートパスをご利用いただけます※6。その  他、学参フォント、ID検索機能制限付きLINE※7に対応しています。

※6 auスマートパス(有料)へのご加入が必要です。通常のauスマートパスとはコンテンツ数や内容が異なります。
Google Play ストアTMはご利用いただけません。コンテンツよっては、別途情報料が必要です。
※7 18歳未満のID検索機能制限に対応しています。スタンプはデフォルトおよびプレゼントされたもののみ使用できます。


■miraieの主な仕様
サイズ(幅×高さ×厚さ)/ 重量 約64×128×11.2(最厚部11.5)mm / 約134g
バッテリー容量 2,000mAh
充電時間 約120分(共通ACアダプタ05[別売]使用時)
連続通話時間 約1,070分
連続待受時間 約440時間
OS Android™4.4(KitKat®)
CPU MSM8926(1.2GHz)クアッドコア
メモリ 内蔵 ROM:8GB / RAM:1.5GB
外部 microSD™ / microSDHC™(最大32GB)
ディスプレイ 約4.5インチqHD TFT液晶
カメラ メイン:約800万画素CMOS / サブ:約200万画素 CMOS
外部接続 Wi-Fi:IEEE802.11b/g/n / Bluetooth®:Ver4.0

※1、※2 【防水・防塵について】指定の背面カバーは確実に取り付けてください。海水・プール・温泉の中に浸けないでください。砂浜などの上に置かないでください。※IPX5 : 内径6.3mmのノズルを用いて、約3mの距離から約12.5L/分の水を3分以上注水する条件であらゆる方向からのノズルによる噴流水によっても、電話機としての性能を保ちます。※IPX7 : 常温で、水道水、かつ静水の水深1mの水槽に電話機本体を静かに沈め、約30分間水底に放置しても、本体内部に浸水せず、電話機としての性能を保ちます。※IP5X : 防塵試験管内で電話機を8時間入れてかくはんした際に試験用粉塵(直径75μm以下)が電話機内部に入った場合でも所定の動作および安全性を保ちます。

※3【耐衝撃について】米国国防総省が制定したMIL-STD-810G Method 516.6:Shock-ProcedureIV に準拠した規格において、高さ1.22mからの合板(ラワン材)に製品を26方向で落下させる試験を実施しています。全ての衝撃に対して保証するものではございません。

※ 画面はイメージです。実際の画面と異なる場合があります。※ 通信環境やご利用方法により利用時間が異なります。※Google 、Android 、Google Play およびその他のマークは、Google Inc. の商標です。※Wi-Fi®はWi-Fi Allianceの登録商標です。※Bluetooth®ワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG,Inc.が所有する登録商標であり、京セラ株式会社は、これら商標を使用する許可を受けています。※LINEはLINE株式会社の商標または登録商標です。※LTEは、ETSIの商標です。※microSD、microSDHCロゴはSD-3C,LLCの商標です。※Dragontrail®とそのシンボルマークとは旭硝子株式会社の登録商標です。※その他の社名および商品名は、それぞれ各社の登録商標または商標です。

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

携帯電話·スマートフォンの最新ニュース

このページのお問い合わせ