ニュースリリース

2016年

2016年03月01日

業界最多7種類※1のモジュールによって同一屋根における搭載容量を最大約30%※2向上

住宅用太陽光発電システムの新製品「RoofleX(ルーフレックス)」を発売

2016年03月01日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

京セラ株式会社(社長:山口 悟郎)は、国内住宅用太陽光発電システムの新製品として、業界最多7種類※1のモジュールによって、同一屋根における搭載容量を従来品比最大約30%※2向上させた「RoofleX(ルーフレックス)」を本年4月より順次発売しますのでお知らせいたします。
RoofleXは、太陽電池セル(以下セル)および太陽電池モジュール(以下モジュール)の変換効率向上に加え、業界最多7種類の専用モジュールを組み合わせることで、限られた屋根スペースを効率的に活用し、屋根全体での発電量の向上を実現します。
写真:住宅用太陽光発電システムの新製品「RoofleX」
住宅用太陽光発電システムの新製品「RoofleX」

RoofleXには、新開発の「ForZ(フォーズ)」技術を採用し、セル変換効率の向上を図っています。ForZとは、RoofleXの変換効率向上を実現した主要技術※3で、セル内部で失われていた一部の電荷を取り出し、効率的に電気に変換することが可能になります。
また、モジュールの出力、変換効率の向上を図るために、太陽光の反射を抑える低反射ガラスを採用。加えて、セルとガラスの間に独自開発の特殊封止材を充填することで、従来利用できなかった短波長の光を電気に変換します。さらに、セルとセルとの間をつなぐ電極の幅を従来より広くすることで、電気抵抗を抑え、通電時のロスを低減します。これらの技術を組み合わせたRoofleXは、セル変換効率が従来品比1.0ポイント向上※4の19.8%、モジュール変換効率が1.2ポイント向上※4の17.8%を実現しています。
さらに、日本の屋根形状や寸法(尺寸法)に合わせて、業界最多となる7種類の専用モジュールを開発。セルからモジュールまで生産している京セラの強みを生かし、セル同士の配列間隔をミリ単位で細かく設計·製造することで最適なモジュールサイズを実現しました。

国内の住宅用太陽光発電市場は、本年4月の電力小売全面自由化や今後のゼロ·エネルギー·ハウス(ZEH)の普及促進を背景に、既築·新築向けともに市場拡大が期待されています。
京セラは、新製品RoofleXを高出力·高容量のニーズに応える住宅用太陽光発電システムの主力製品としてラインアップするとともに、パワーコンディショナ内蔵型のマルチDC蓄電システムやHEMS(ホーム·エネルギー·マネジメントシステム)などと組み合わせたエネルギーソリューションを提案し、太陽光発電システムの普及拡大に取り組んでまいります。

■「RoofleX」の仕様
製品 KJ260P-MPTCG,KJ255P-MPTCG KJ200P-MPTCG
型式 ①KJ260P-MPTCG
②KJ255P-MPTCG
KJ200P-MPTCG
公称最大出力 ①260W
②255W
200W
外形寸法(mm) W1470×L990×H36 W1176×L990×H36
質量 17.1kg 13.7kg
希望小売価格
(税別)
①176,800円
②173,400円
136,000円

製品 KJ170P-MPTCG KJ130P-MPTCG
型式 KJ170P-MPTCG KJ130P-MPTCG
公称最大出力 170W 130W
外形寸法(mm) W1470×L668×H36 W1176×L668×H36
質量 12.0kg 9.6kg
希望小売価格
(税別)
115,600円 88,400円

製品 KJ93P-MPTRCG KJ93P-MPTLCG KJ83P-MPTCG
型式 KJ93P-MPTRCG KJ93P-MPTLCG KJ83P-MPTCG
公称最大出力 93W 93W 83W
外形寸法(mm) W882×L990×H36 W882×L990×H36 W588×L990×H36
質量 9.0kg 9.0kg 7.0kg
希望小売価格
(税別)
63,240円 63,240円 56,440円

■「RoofleX」の特長
1. 新開発「ForZ」技術を採用し、セルおよびモジュールの変換効率を向上
ForZとは、セル内部で失われていた一部の電荷を取り出し、効率的に電気に変換する技術で、RoofleXの変換効率向上を実現した主要技術※3です。
結晶系のセルは一般的に、太陽光を受けるとセル内部でプラスとマイナスの電荷が発生します。マイナスの電荷はセルの受光面側に、プラスの電荷はセルの非受光面側に移動しますが、この時、一部のマイナスの電荷が通常とは逆の非受光面に移動し、電荷が消滅するため発電量が減少します。
このような現象を防ぐため、RoofleXでは、セルの非受光面側に特殊な表面改質層を形成することで、マイナスの電荷の消滅を抑え、発電量の向上を図るForZ技術を採用し、セルおよびモジュールの変換効率の向上を実現しました。
写真:住新開発「ForZ」技術を採用し、セルおよびモジュールの変換効率を向上


2. 低反射ガラス、特殊封止材の採用で、より多くの太陽光を取り込み、発電量をアップ
低反射ガラスを採用し、太陽光の反射を低減することで、より多くの光を取り込み、電気に変換できます。また、セルとガラスの間に独自開発の特殊封止材を充填することで、これまで電気に変換できていなかった短波長の光も取り込むことが可能となりました。これらの技術を採用することで、RoofleXはより多くの太陽光をモジュール内部に取り込み、効率的に発電します。
写真:低反射ガラス、特殊封止材の採用で、より多くの太陽光を取り込み、発電量をアップ


3. 業界最多7種類の専用モジュールで、屋根全体の発電量アップ
屋根形状が複雑で面積の小さい日本の戸建住宅において、太陽光発電システムによる発電量を増やすためには、モジュールの出力、発電効率の向上に加え、限られた屋根スペースに無駄なくモジュールを設置することが求められています。特に、日本の住宅は伝統的な建築寸法(尺寸法)で建てられることが多いため、モジュールも尺寸を考慮したサイズにしました。
京セラは、セルからモジュールまで生産している強みを生かし、セル同士の配列間隔をミリ単位で細かく設定し直すことで、尺寸法に合わせた7種類の専用モジュールを新たに開発。同一屋根におけるモジュール搭載率が向上し、総発電量の向上を実現しました。
写真:業界最多7種類の専用モジュールで、屋根全体の発電量アップ



※1. 日本国内向け住宅用太陽光業界において(2016年2月20日、京セラ調べ)。
※2. 切妻屋根(勾配4.5寸、搭載屋根面積34.4m2)における当社従来品「ECONOROOTS®」‹typeR›との比較。 屋根形状により異なります。
※3. 太陽電池モジュールに採用されている太陽電池素子の製造技術の一部は、国立研究開発法人新エネルギー·産業技術総合開発機構(NEDO)の委託業務及び共同研究業務の結果得られた成果を活用しています。
※4. 当社従来品「ECONOROOTS®」‹typeU›との比較。
「ECONOROOTS」は、京セラ株式会社の登録商標です。

新製品「RoofleX」は、「PV EXPO 2016 ~第9回[国際]太陽電池展~」に初出品いたします。
【開催日時】 2016年3月2日(水)~3月4日(金) 10:00~18:00 (最終日は17:00終了)
【開催場所】 東京ビッグサイト  京セラブース: 東2ホール E13-46

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

環境製品 (太陽光発電等)の最新ニュース

このページのお問い合わせ