ニュースリリース

2016年

2016年03月23日

高能率加工の実現により、生産性向上に貢献

極小径高送りカッタ MFH Microの発売

2016年03月23日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社(社長:山口 悟郎)は、金属部品の加工に使用するフライス工具の新製品として、極小径高送りカッタ「MFH Micro」を開発し、本年4月1日(金)より発売しますのでお知らせいたします。
本製品は、新開発したチップと、チップを固定する専用ホルダからなる刃先交換型の高送りカッタ(エンドミル)で、独自設計の刃先形状の採用により、加工時の衝撃や振動を抑制し、高能率化と製品のさらなる小型化を実現しました。
これにより、大型の部材から小型の部材まで、加工可能な製品ラインアップを充実させ、金型加工、部品加工を中心に多様化する市場ニーズにお応えしてまいります。

写真:MFH Micro

製品名 極小径高送りカッタ MFH Micro
型番数
(価格帯)
ホルダ:10型番(18,500~35,200円 税別)
チップ:3型番( 800円、税別)
発売日 2016年4月1日(金)
加工径(直径) 8mm~16mm
加工用途 平面・肩加工、等高線加工、溝加工
ポケット加工、ランピング加工、
ヘリカル加工
推奨被削材 炭素鋼、合金鋼、金型鋼、ステンレス鋼、
ねずみ鋳鉄、ダグタイル鋳鉄、
Ni基耐熱合金、チタン合金
生産拠点 滋賀八日市工場、鹿児島川内工場
販売目標 1億円/年


【新製品 MFH Microの概要】
高送りカッタ(エンドミル)は、金属表面を広範囲にわたり荒加工する際に使用される工具であり、広い面積を、より早く、安定的に加工できる高い切削能力が求められています。
本製品は、独自設計の刃先形状により、チップが被削材に接触(食い付き)する際の衝撃を低減しました。これにより、振動やびびりの発生を抑制し、低抵抗で高能率な加工を実現しました。
また、チップ材種には、独自開発の特殊ナノ積層コーティング「MEGACOAT NANO」(メガコート ナノ)と、CVD(化学蒸着)コーティングの2種類をラインアップしています。被削材の特性に応じて、最適なコーティングチップを選択することで、優れた耐摩耗・耐欠損性を発揮します。

【新製品 MFH Micro の特長】
1. 低抵抗で、高能率加工を実現
独自設計の刃先形状「3次元凸型切れ刃」を採用した新開発のチップにより、被削材への接触時(食い付き時)の衝撃やびびりを抑制し、低抵抗で高能率な加工を実現。また、刃先一体型のソリッドエンドミルに比べ、交換費用が低減でき、お客様の加工コスト削減に貢献します。 図:3次元凸型切れ刃
3次元凸型切れ刃
2. 広範囲で安定した高送り加工が可能
条件の最適化により、最大切込み深さを0.5mmまで拡大し、加工回数を低減。さらに、1刃当たりの送り量(移動量)を高く設定することで、高能率加工に対応します。

3. 良好な切りくず排出性
切りくずを進行方向に対し後方へ排出する設計により、加工壁面への切りくずの巻き込みを抑制。安定加工と良好な仕上げ面品質を確保します。 図:良好な切りくず排出性
良好な切りくず排出性
4. 多様な被削材で長寿命・安定加工
主要なチップ材種の1つとして、当社独自開発の「MEGACOAT NANO」(メガコート ナノ)を採用。高靭性母材と特殊ナノ積層コーティングの組み合わせで、鋼からステンレス鋼、鋳鉄に至るまでさまざまな被削材で優れた性能を発揮します。 図:コーティング特性
コーティング特性

※「MEGACOAT NANO」は京セラ株式会社の登録商標です。

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

部品·デバイスの最新ニュース

このページのお問い合わせ