ニュースリリース

2016年

2016年09月07日

ピンクゴールド色の新CVDコーティング工具

鋳鉄加工用 新材種「CA3シリーズ」の発売

荒切削から仕上げまで一連の加工条件に対応

2016年09月07日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社(社長:山口 悟郎)は、鋳鉄加工用の切削工具(チップ)の新材種「CA3シリーズ」(CA310/CA315/CA320)に加え、これら材種に合わせて設計した新ブレーカ「Kシリーズ」(KH/KG/KQ)を開発し、本年9月12日(月)より、本格的に発売を開始します。
金属部品の主要材料のひとつである鋳鉄は、自動車や産業機械など、あらゆる産業で使用されており、より幅広い切削条件に対応し、安定的に加工可能な工具が求められています。
このたび投入する新材種は、ピンクゴールド色の輝きを持つ新開発のCVD(化学蒸着法)コーティングを超硬母材に施したものです。各層間の被膜密着強度を向上させることで、チップの長寿命化と切削時の安定加工を実現しました。 また、新ブレーカは、この材種の性能を最大限発揮できるよう新設計の刃先形状を採用し、より高負荷な切削条件にも対応しました。
新材種および新ブレーカともに、用途別に3種類のラインアップを揃え、これらの組み合わせにより、荒切削から仕上げまで、一連の鋳鉄加工に対応できます。
当社では、さまざまな切削条件に対応する最適なチップをご提案することで、お客様の生産性向上に貢献してまいります。

写真:新材種「CA3シリーズ」を採用した新ブレーカ(左上:KQ、右:KG、左下:KH)
新材種「CA3シリーズ」を採用した
新ブレーカ(左上:KQ、右:KG、左下:KH)

■製品概要
製品名新材種「CA3シリーズ」新ブレーカ「Kシリーズ」
CA310CA315CA320KHKGKQ
型番数206206206545736
推奨用途ねずみ鋳鉄
<第1推奨>
ダクタイル鋳鉄
<第1推奨>
ダクタイル鋳鉄/
ねずみ鋳鉄
<安定重視>
強断続~断続
<第1推奨>
断続~連続 切れ味重視
発売日2016年9月12日(月)
価格帯550円~2,200円(税抜)750円~1,320円(税抜)
販売目標5億円/年
生産拠点鹿児島川内工場
※新材種の型番数には、新ブレーカの型番数が含まれます。

■新材種「CA3シリーズ」
鋳鉄加工用に新開発したCVDコーティングを施しました。 各層間の結晶組織 · 構造を最適化したことで、被膜密着強度を高めたほか、硬質表面被膜の採用、コーティング表面層の状態を改善することで、耐摩耗性と耐欠損性を向上させました。 さらに用途に合わせて、各層のバランス調整を行うことで、チップの長寿命化と、切削時の安定加工を実現しました。

[製品概要]
製品名用途概要
CA310ねずみ鋳鉄
<第1推奨>
アルミナ層を厚膜化し、ねずみ鋳鉄(ダクタイル鋳鉄も可)での耐摩耗性を重視。
CA315ダクタイル鋳鉄
<第1推奨>
膜厚バランスを調整し、ダクタイル鋳鉄(ねずみ鋳鉄も可)の加工で高い性能を発揮。
CA320ダクタイル鋳鉄
/ねずみ鋳鉄
<安定重視>
CVD膜全体を薄膜化し、ダクタイル鋳鉄とねずみ鋳鉄の強断続加工での安定性を向上。

■新ブレーカ「Kシリーズ」
新材種「CA3シリーズ」と組み合わせることで、性能が最大限発揮されるよう新設計の刃先形状を採用しました。 さらに、用途別に特化したブレーカ形状を追求することで、高負荷がかかる切削条件においても高い安定性を発揮します。

[製品概要]
製品名用途概要
KH強断続~断続
<第1推奨>
フラットランドを採用し、高レベルの安定性を実現。
黒皮素材、強断続部材に対応。
KG断続~連続ポジランドを採用しながらも耐欠損性を向上。
連続素材、長尺部材に対応。
KQ切れ味重視低抵抗かつ刃先強度の両立を実現。
薄肉素材、高精度部材に対応。

写真:KHブレーカ
KHブレーカ
写真:KGブレーカ
KGブレーカ
写真:KQブレーカ
KQブレーカ

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

部品·デバイスの最新ニュース

このページのお問い合わせ