ニュースリリース

2016年

2016年09月20日

世界初、業界最高静電容量の0603サイズ 4.7μF/0402サイズ 0.47μF
積層セラミックコンデンサのサンプル対応を開始

2016年09月20日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社(社長:山口 悟郎)は、主にスマートフォンなどの通信機器に搭載される積層セラミックコンデンサ(以下、MLCC)において、世界で初めて業界最高の静電容量である、0603サイズで4.7μF、0402サイズで0.47μFの開発に成功し、本年10月1日よりサンプル対応を開始しますので、お知らせいたします。

写真:0603サイズ 4.7μF/0402サイズ 0.47μF積層セラミックコンデンサ
0603サイズ:左2個、0402サイズ:右2個

 0603サイズMLCC0402サイズMLCC
製品名CM03X5R475M06ACM02X5R474M06A
サイズ0.6×0.3×0.3mm0.4×0.2×0.2mm
特性X5R特性(EIA)X5R特性(EIA)
静電容量値4.7μF0.47μF
公差M公差(±20%)M公差(±20%)
定格電圧6.3V DC6.3V DC
生産拠点鹿児島国分工場鹿児島国分工場

■開発背景
スマートフォンなどの通信機器は、高機能化やマルチバンド化が一層進み、必要となるMLCCの静電容量が拡大するとともに、搭載数も年々増加傾向にあります。 特に、スマートフォンは、高機能化とバッテリーの長時間駆動の両立が求められるため、バッテリースペースを確保したまま、多くの部品を搭載する必要があり、最も多く使用されている0603サイズと0402サイズのMLCCの容量拡大が強く求められていました。 また、今後、IoTの普及拡大が予想されており、小型高容量MLCCのニーズがますます高まっています。

■新製品の特長
本製品は、0603サイズ/0402サイズのMLCCにおける静電容量を従来の2倍以上に拡大させた最先端MLCCで、搭載部品点数の削減や省スペース化が可能となるため、通信機器の高機能化や小型化に貢献します。
業界最高の静電容量は、京セラが長年培ってきたナノ材料技術と高精度加工技術による誘電体の薄層化により安定的な多積層構造を確立できたことで実現しました。
京セラは、これからも高信頼性対応の小型高容量MLCCを開発し、事業の拡大を進めてまいります。

※2016年9月1日、京セラ株式会社調べ。

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

部品·デバイスの最新ニュース

このページのお問い合わせ