ニュースリリース

2016年

2016年09月21日

京セラグループにおける光学部品事業の統合について

2016年09月21日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社(社長:山口 悟郎)は、当社グループにおける光学部品事業のさらなる強化 · 拡大を図るため、同事業を展開する京セラオプテック株式会社(社長:山際 文規、以下:京セラオプテック)に、本年9月に子会社化したメレスグリオ株式会社(社長:山際 文規、以下:メレスグリオ)を経営統合することを決定しましたのでお知らせいたします。

■統合後の京セラオプテック株式会社の概要
社名京セラオプテック株式会社
本社所在地東京都青梅市小曾木3-1778
代表者代表取締役会長 久芳 徹夫
代表取締役社長 山際 文規
資本金2.4億円
従業員数255名(予定)
統合時期2016年11月1日(予定)

■目的および主旨
光学部品は車載市場や医療市場での拡大に加え、特にFA(Factory Automation)市場において、グローバル規模で生産工程のさらなる効率化や自動化に向けた取り組みが活発化する中、位置決めや検査を行う画像認識システムである「マシンビジョン」や「ロボットビジョン」向けのニーズが増大すると期待されています。
このたびの経営統合は、京セラオプテックとメレスグリオが培ってきた光学部品の開発製造技術を相互活用するとともに、営業部門の一本化による商品提案力の強化や国内外での販路拡大を目的としています。
京セラオプテックとメレスグリオの経営統合により、両者のシナジー効果を最大化させることで、京セラ光学部品事業の一層の拡大を目指してまいります。

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

経営·人事·財務情報の最新ニュース

このページのお問い合わせ