ニュースリリース

2016年

2016年10月25日

人気のセラブリッド® シリーズに「ソース&ディープパン」が新登場

~お客様の声に応え、幅広い調理に対応する深型フライパンを製品化~

2016年10月25日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社(社長:山口 悟郎)は、熱伝導の良さと遠赤外線効果により省エネ調理ができることで好評のセラブリッドシリーズの新製品として、「ソース&ディープパン」を製品化し、本年10月28日(金)より全国の専門店、量販店などで順次、販売を開始します。
本製品は、セラブリッドシリーズの使い心地はそのままに、“スープや煮物も調理できる深型のフライパンが欲しい”という声にお応えし、従来のフライパンより本体を深くすることで、炒め料理はもちろん、今までの深さでは難しかった“煮る”、“茹でる”といった調理方法が可能となりました。 また、両側面に注ぎ口を付けることで、シチューやスープなど汁物のお料理をお皿へ移しやすくなっています。

写真:「セラブリッド® ソース&ディープパン」24cm
「セラブリッド® ソース&ディープパン」24cm
写真:注ぎ口をつけることでお皿への盛り付けが簡単に
注ぎ口をつけることでお皿への盛り付けが簡単に
■商品概要
商品名セラブリッド® ソース&ディープパン22cmセラブリッド® ソース&ディープパン24cm
深さ62m68mm
重量716g759g
価格オープン価格オープン価格
発売本年10月28日(金)より全国の専門店、量販店などで順次販売開始

■京セラのセラブリッド® シリーズについて
京セラのセラブリッドシリーズは、2011年のフライパンの発売から始まり、2013年にガス火専用フライパン、2014年に軽量タイプのフライパン、2015年にグリルパン、本年7月には調理なべを展開しています。 京セラ独自の技術により、アルミ基材に硬質のセラミックスを加工することで、傷がつきにくく、また熱伝導の良さと遠赤外線効果によって省エネにも効果を発揮する調理器具で、2016年2月には累計出荷枚数が150万枚を突破しました。
京セラは今後も、お客様のニーズにあった商品を企画 · 開発し、毎日のキッチンライフに豊かさを提供してまいります。

※「セラブリッド」は京セラ株式会社の登録商標です。

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

キッチン用品·宝飾品の最新ニュース

このページのお問い合わせ