ニュースリリース

2016年

2016年12月12日

大容量12kWhクラスで業界最小※1のリチウムイオン蓄電池を搭載した
ハイブリッド型の国内住宅用蓄電システムを開発

ZEHやエネルギー自給自足型住宅の実現に貢献

2016年12月12日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社(社長:山口 悟郎、以下京セラ)は、国内住宅用蓄電システムの新製品として、大容量12kWhクラスで業界最小※1のリチウムイオン蓄電池と、太陽光発電の電力を充電効率96%※2で効率よく充電できるハイブリッド型のパワーコンディショナ(以下パワコン)を組み合せた、住宅用定置型リチウムイオン蓄電システムを開発しましたのでお知らせいたします。なお、本蓄電システムは、積水化学工業株式会社(以下積水化学工業)が来年1月2日から発売する新築住宅に採用されました。

写真:大容量フィルム型リチウムイオン蓄電池(左)と、ハイブリッド型パワーコンディショナ(右)
大容量フィルム型リチウムイオン蓄電池(左)と、
ハイブリッド型パワーコンディショナ(右)

品名 太陽光発電連係型
リチウムイオン蓄電システム
タイプ名称 大容量マルチDCリンクタイプ
型式 EGS-ML1200
蓄電容量 12kWh
外形寸法
(mm)
電池ユニット:W760×H495×D525
パワーコンディショナ:W880×H580×D270
質量 電池ユニット:175kg
パワーコンディショナ:55kg
希望小売価格 オープン価格
発売日 2017年1月2日
開発 蓄電システム:京セラ
(電池ユニット)積水化学工業
(パワーコンディショナ)京セラ

本蓄電システムは、積水化学工業が開発した業界最小の大容量フィルム型リチウムイオン蓄電池(以下電池ユニット)に、京セラのハイブリッド型パワコンを組み合せたものです。電池ユニットは、電解質の材料や工程の改良により耐久性が向上し、さらに室内設置タイプのため、外気の変化による電池の劣化を低減し、長寿命化に貢献します(パワコンは屋外設置)。また、京セラのハイブリッド型パワコンは、太陽光発電システムのパワコンと蓄電システムのパワコンを一体化したもので、太陽電池で発電した直流電力を交流電力に変換させることなく、そのまま充電できるため、96%の高い充電効率を実現しています。本蓄電システムは、住宅用定置型蓄電システムのメーカーとして国内トップクラス※3の販売実績を有する京セラと、新築住宅への蓄電システムの導入実績において国内トップクラス※4である積水化学工業の技術によって誕生した新製品です。
今後は、主に新築住宅向けに本蓄電システムを展開し、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)やエネルギーの自給自足型住宅の実現、また再生可能エネルギーの普及に貢献してまいります。

■開発背景
経済産業省はエネルギー基本計画において「2020年に標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEHを目指す」という方針を示し、ZEHの実現と普及促進を目指しています。大手住宅メーカーなどでは、住宅の高断熱化や高効率設備と太陽光発電などを組み合せて、ZEHを実現しようする動きが広がり、さらに再生可能エネルギーの発電コスト低下や災害時の電源確保、環境意識の高まりなどから、エネルギーの自給自足型住宅への関心も高まっています。特に、自給自足型住宅の実現には、太陽光発電システムや蓄電システムの大容量化が重要な要素の一つとなっています。

■主な特長
1.業界最小・大容量フィルム型リチウムイオン蓄電池を搭載
本蓄電システムに搭載しているフィルム型リチウムイオン蓄電池は、積水化学工業が開発した製品で、大容量12kWhクラスで業界最小を実現し、室内設置タイプとすることで、外気の変化による電池の劣化を抑制し、長寿命化に貢献します(パワコンは屋外設置)。また、電池内部に同社が独自開発した電極塗工型絶縁材料を採用することで、高い安全性を実現しています。

2.ハイブリッド型パワーコンディショナにより、太陽光発電による電力の充電効率96%を実現
太陽光発電システムのパワコンと蓄電システムのパワコンを一体化した京セラのハイブリッド型パワコンは、太陽電池で発電した直流電力を交流電力に変換させる必要がなく、直流のまま充電できるため、充電効率96%の優れた性能を有しています。京セラは、2015年9月より、このハイブリッド型パワコンを内蔵したマルチDCリンクタイプの蓄電システム(7.2kWh)を販売しています。
このたびZEHやエネルギーの自給自足型住宅の実現に向け、新たにハイブリッド型で充電効率96%を実現する大容量12kWhの本蓄電システム(マルチDCリンクタイプ)を開発し、ラインアップに加えました。

3.京セラ製太陽電池モジュールと組み合わせ、電力の安定供給に貢献
京セラの太陽電池モジュールは、世界有数の第三者認証機関が実施する長期連続試験や過酷な環境下での耐久テストなどでも世界トップクラス※5の優れた成績を残しており、品質の高さや長期信頼性が広く認められています。
また、本蓄電システムに搭載している積水化学工業の電池ユニットは、電解質の材料や工程の改良に加え、室内設置による劣化の抑制効果もあり、高い耐久性を有しています。 これら優れた耐久性を有する京セラ製太陽電池モジュールと本蓄電システムをセットで導入し、長期間にわたり太陽光発電によるエネルギーを無駄なく使用することで、停電時の備えや将来の電気代変動という懸念の解消に寄与します。

※1. 実効容量10kWh以上の単一ユニットで構成される太陽光発電連係型リチウムイオン蓄電池において(2016年11月末日時点、京セラ調べ)。
※2. 充電効率とは、発電量に対して充電できる電力量の割合。
※3. 国内住宅用定置型リチウムイオン蓄電システムの累計販売実績において(2016年11月末日時点、京セラ調べ)。
※4. 新築住宅分野におけるリチウムイオン蓄電システムの累計導入実績において(2016年11月末時点、積水化学工業調べ)。
※5. テュフ ラインランドジャパン(本社:ドイツ)による太陽電池の「長期連続試験」において世界で初めて認証を取得。国際研究機関フラウンホーファー研究機構シリコン太陽光発電研究センター(本社:ドイツ)により、世界最高水準の耐久性能を実証。

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

環境製品 (太陽光発電等)の最新ニュース

このページのお問い合わせ