ニュースリリース

2017年

2017年08月31日

7種類のセンサーと電池を標準搭載

LPWA 「IoTユニット」の開発について

2017年08月31日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社(社長:谷本 秀夫)は、IoT向け無線ネットワークLPWA※1(Low Power Wide Area)の通信規格、LTE Cat.M1、NB1※2に対応した「IoTユニット」を開発しましたのでお知らせします。
当社は、本ユニットを国内および海外の各通信会社をはじめLPWA市場参入を目指す多くのパートナーに広く提供することで、通信モジュール事業の拡大を目指してまいります。

写真:京セラが開発した「IoTユニット」
京セラが開発した「IoTユニット」
■製品の仕様
サイズ 約70×37×11㎜ 搭載センサー 温度、湿度、気圧、照度
加速度、角速度(ジャイロ)、地磁気
重量 約41g(暫定値)
電源 内蔵型バッテリー(USB充電) 位置情報 GPS、GLONASS
外部接続 UART 通信方式 LTE Cat.M1、LTE Cat.NB1
動作環境 温度:-10℃~60℃(暫定値) SIM nano SIM
消費電力 送信時:測定中、待機時:測定中 アンテナ 内蔵型アンテナ

■開発の背景
近年、IoTの普及拡大に伴い、低消費電力かつ広域エリアに対応するIoT向け無線ネットワークLPWAが注目されており、国内大手通信会社が、本年度より順次LTE Cat. M1、NB1の通信サービスを展開する予定です。LPWA通信規格の一つであるLTE Cat. M1、NB1は、既存のLTE™設備を活用することで迅速なエリアカバーが可能なことから、有力なLPWA通信規格として期待されています。
当社は、長年にわたる通信機器の開発で培った技術と、超小型セラミックパッケージの部品技術を組み合わせることで、LTE Cat. M1、NB1に対応した「IoTユニット」の開発に成功しました。

■本ユニットの主な特長
①安心のLTEネットワーク対応
安心のLTEネットワーク(LTE Cat M1, NB1)対応なのでカバーエリアが広く、上り・下りの双方向通信や、低速・中速で移動中でも利用可能です。

②汎用インターフェースでお客様の機器に簡単に接続可能
UARTの汎用インターフェースに対応しておりますので、お客様の既存の機器やデバイスなどとも簡単に接続しIoT機器としてご活用頂けます。
写真:UART接続

③主要な7つのセンサーと電池を標準搭載
温度、湿度、気圧、照度、加速度、角速度(ジャイロ)、地磁気の各センサーと電池を標準搭載。GPSにも対応しており、様々なデータをすぐに計測、収集できます。
写真:8種類のデータを測定可能

④データを見える化するIoTデモシステム
本ユニットで計測、収集したデータをPCやスマートフォンの画面で確認できるデモシステムを用意しており、簡単にトライアルが実施できます。
写真:IoTデモシステム

⑤小型化に成功
京セラ製セラミック技術を生かした超小型LPWA通信モジュールを開発することで、アンテナ、バッテリーを内蔵しながら、本ユニットは約70×37×11mmの小型化を実現しています。

※1: IoT機器向けに低消費電力で長距離通信を実現する無線通信技術。
※2: 3GPPがリリース13で規定したLPWA用無線通信規格。
      通信速度などが異なるLTE-M(Cat.M1)とNB-IoT(Cat.NB1)の2種類が規格化され、IoTの多様な用途に対応できる。
※画面はイメージです。実際の画面と異なる場合があります。
※LTEは、ETSIの商標です。
※その他社名および商品名は、それぞれ各社の登録商標または商標です。

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

携帯電話·スマートフォンの最新ニュース

このページのお問い合わせ