ニュースリリース

2017年

2017年10月31日

リョービ株式会社の電動工具事業の取得に関する株式譲渡契約を締結

2017年10月31日 NEW

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社(社長:谷本 秀夫、以下:京セラ)は、本日、リョービ株式会社(社長:浦上 彰、以下:リョービ)と、株式譲渡契約を締結しましたのでお知らせいたします。 なお、本件は、本年9月29日付にて、京セラとリョービとの間で締結しました基本合意に基づき、詳細について協議を重ねた結果、本日の株式譲渡契約の締結に至ったものです。
本契約締結により、リョービが新設分割により設立する、同社の電動工具事業を承継する新設会社「京セラインダストリアルツールズ株式会社」の株式を、京セラが80%取得いたします。 取得の時期は、2018年1月を予定しています。
このたびのリョービからの電動工具事業の取得により、機械工具事業における多角化を推進し、さらなる事業拡大を図ってまいります。


■目的
  1. 電動工具市場への本格参入による事業拡大
    電動・空圧工具市場は、グローバル市場規模が約3兆円で、今後も成長が見込まれる市場です。 京セラは、建築用電動 · 空圧工具においては、北米および欧州を中心に事業を展開し、強化してまいりました。 このたび、高い技術力と幅広い商品ラインアップを背景に、日本およびアジア等で事業を展開するリョービの電動工具事業を取得することで、今後、京セラグループとの相乗効果を最大限に発揮し、グローバル市場でのさらなる事業拡大に取り組みます。

  2. 京セラとリョービのノウハウを活かした製品・技術開発
    製品 · 技術開発において、京セラとリョービのノウハウを活用するだけでなく、京セラグループから電動工具を構成するパワーデバイスなどの各種部品を供給することにより、さらなる製品力の向上を目指します。 また、京セラグループが保有するIoT技術などの新たな技術を活用することで、生産性向上を実現する新たな製品の開発を図ってまいります。

■新会社の概要
社名京セラインダストリアルツールズ株式会社
本社所在地広島県府中市目崎町762
設立2018年1月(予定)
代表者代表取締役社長 鈴木 健二郎(2018年1月就任予定)
(現:リョービ(株)取締役 執行役員 住建機器本部長)
資本金1億円
持ち株比率京セラ80%、リョービ20%
拠点本社、国内48拠点(販売)、中国1拠点(製造)
事業内容電動工具の製造、開発、販売
従業員数約1,500名(予定、子会社を含む)

【ご参考】リョービ電動工具製品
製品写真:インパクトドライバ
インパクトドライバ
製品写真:丸のこ
丸のこ
製品写真:ヘッジトリマ
ヘッジトリマ
製品写真:高圧洗浄機
高圧洗浄機

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

経営·人事·財務情報の最新ニュース

このページのお問い合わせ