ニュースリリース

2018年

2018年01月09日

スマートフォンをはじめて使う人にも安心な

BASIO3(ベイシオ スリー)」登場

2018年01月09日 NEW

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社(社長:谷本 秀夫)は、au向けの新製品として、スマートフォン「BASIO3」を製品化しましたのでお知らせします。

写真:BASIO3

商品名BASIO3
価格オープン価格
カラーゴールド、ブルー、レッド
発売元KDDI株式会社、沖縄セルラー電話株式会社

本製品は、スマートフォンの思わぬトラブルなどにも安心な「スマホの健康診断」アプリと「かざして診断カード」を同梱しました。 また、カメラは、スライドカバーを開くだけで、すぐに起動できるスライドカバーつきの約1,300万画素メインカメラを搭載。 さらに、スマートフォンで出来ることや便利な活用方法などを紹介する「使いこなし動画」や、スマートフォンの基本操作を実際に試せる「使い方練習」アプリを搭載し、安心してお使いいただける配慮をしています。
本製品は、ゴールド、ブルー、レッドの3色で、2018年1月下旬以降に発売予定です。

BASIO3の主な特長
1. 操作で困ったときに便利な、「スマホの健康診断」「かざして診断カード」
「いつも通り使えない」などの使用上のトラブルは、「スマホの健康診断」アプリが解決します。 同梱された「かざして診断カード」に「BASIO3」をかざすことで、原因を診断できます。
写真:操作で困ったときに便利な、「スマホの健康診断」「かざして診断カード」の説明図

2. スライドカバーつき約1,300万画素メインカメラ
スライドカバーを開くだけで、すぐにカメラが起動するので、シャッターチャンスを逃しません。 また、カバーが汚れや傷からレンズを保護するので安心です。
画像:スライドカバーつき約1,300万画素メインカメラの説明画像1 写真:スライドカバーつき約1,300万画素メインカメラの説明画像2

3. 動画と練習機能で使い方や活用法がわかりやすい
「使いこなし動画」と「使い方練習」アプリを搭載

スマートフォンで出来ることや、便利な活用方法などをわかりやすく紹介する「使いこなし動画」と実際に試しながらスマートフォンの操作を覚えることができる「使い方練習」アプリを搭載しました。 スマートフォン初心者の方も安心して着実に操作に慣れることができます。
画像:「使いこなし動画」アプリの説明画像 画像:「使い方練習」アプリの説明画像

4. 見やすさと使いやすさを追求した、ホーム画面と操作ボタン
大きなアイコンと文字で見やすく表示。これまで使い慣れた携帯電話の操作性を取り入れました。 「ホーム画面」は、基本パターンに加えて、初心者向けもあるので安心です。 また、「ダイレクトボタン」にはよく使う連絡先を3件まで登録できます。 さらに「電話・メールボタン」で音声着信や新着メールは光ってお知らせするので、スマートフォンが初めての方も、焦らずに対応ができます。
画像:見やすさと使いやすさを追求した、ホーム画面と操作ボタンの説明画像1 画像:見やすさと使いやすさを追求した、ホーム画面と操作ボタン2

5. 「スマートソニックレシーバー®」と「聞こえ調整」、「ゆっくり通話」
京セラ独自の「スマートソニックレシーバー®」は、画面全体から音を伝えるので、画面のどこに耳をあてても聞こえます。 また、画面で耳を覆うようにすれば、周囲の騒音を遮蔽できるので、騒がしい場所でも相手の声がはっきりと聞き取れます。 また、「聞こえ調整」により、通話中の相手の声が聞き取りにくい場合、「やわらかく」、「はっきりと」、「おさえめに」の中から、聞きやすい音声に調整することができます。 さらに、「ゆっくり通話」では相手の声の速度を落として、聞き取りやすくします。

6. 安心をつなぐ、充実のお知らせ機能
  1. 救急あんしん情報
    外出先での体調不良など、万が一のときに、ご自身の情報を医療従事者等に提示することができます。 セキュリティロックをかけていても、第三者が確認することができます。
    画像:救急あんしん情報の説明画像
    ※事前に設定が必要です。
  2. 歩数計/歩数計通知
    目標に対する達成率をわかりやすく表示します。 離れて暮らすご家族などに、前日の歩数を通知できる「歩数計通知」機能も搭載しています。
    画像:数計/歩数計通知の説明画像
    ※数値は目安です。また、事前に設定が必要です。
  3. お知らせ通知
    ホーム画面の「通知を見る」をタップすると、通知パネルの内容を確認することができます。
    画像:お知らせ通知<の説明画像


BASIO3(ベイシオ スリー)の主な仕様
カラーゴールド/ブルー/レッド
サイズ(幅×高さ×厚さ)約71×144×9.9mm(最厚部10.1mm)
重量約150g
バッテリー容量2,940mAh
充電時間約160分(Type C共通ACアダプタ01[別売]使用時)
連続通話時間※1約1,260分(VoLTE)
連続待受時間※1約580時間(4G LTE/WiMAX 2+エリア)
au ICカード種類au Nano IC Card 04
OSAndroid™ 7.1
CPUMSM8937/1.4GHz×4コア+1.1GHz×4コア
メモリ内蔵 ROM:32GB/RAM:3GB
外部  microSDXC™(最大256GB)
対応通信規格4G LTE™/WiMAX 2+
最大通信速度※2受信最大150Mbps※3/送信最大25Mbps※3
ディスプレイ約5.0インチFHD TFT液晶
カメラメイン 約1,300万画素CMOS
サブ(イン)  約500万画素CMOS
撮影サイズ静止画 最大4,160×3,120ドット(13M)
動画 最大1,920×1,080ドット(FHD)
外部接続Wi-Fi® IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth® Ver.4.2
外部デバイス/その他 ステレオイヤホンジャック
防水/防塵防水(IPX5/IPX8)/防塵(IP5X)
付属品卓上ホルダ/京セラTVアンテナケーブル04/
IC Cardトレイ取り出し工具(試供品)/
かざして診断カード

※1:日本国内における、静止状態での平均的な利用時間です。 実際にご利用になる地域や使用状況などにより短くなります。 ※2:最大通信速度は通信規格やエリアなどにより異なります。 最新のエリアはauのホームページをご確認ください。 記載の通信サービスはいずれもベストエフォート型サービスです。 記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。 エリア内であってもお客さまのご利用環境、回線の状況により、通信速度が大幅に低下する場合があります。 また、通信速度は機器能力に依存します。 ※本機種は日本国内において3G通信はご利用いただけません。 ※3:一部のエリアを除きます。
[防水 · 防塵に関するご注意]
キャップ類は確実に取り付けてください。 海水 · プール · 温泉の中に浸けないでください。 砂浜などの上に置かないでください。 ※IPX5とは、内径6.3mmのノズルを用いて、約3mの距離から約12.5リットル/分の水を3分以上注水する条件で、あらゆる方向からのノズルによる噴流水によっても、電話機としての性能を保つことです。 ※IPX8とは、常温で水道水、かつ静水の水深1.5mの水槽に静かに本製品を沈めた状態で約30分間、水底に放置しても本製品内部に浸水せず、電話機としての性能を保つことです。 ※IP5Xとは、防塵試験管内で電話機を8時間かくはんした際に、試験用粉塵(直径75μm以下)が電話機内部に入った場合でも所定の動作および安全性を保ちます。 本製品の有する性能は試験環境下での確認であり、実際の使用時すべての状況での動作を保証するものではありません。 また、無破損 · 無故障を保証するものではありません。

※「スマートソニックレシーバー」は、京セラ株式会社の登録商標です。 ※「4G LTE」のサービス名称は、国際電気通信連合(ITU)がLTEを「4G」と呼称することを認めた声明に準じております。 ※LTEはETSIの商標です。 ※Google、Android、Google Playおよびその他のマークは、Google LLCの商標です。 ※WiMAXは、WiMAX Forumの商標または登録商標です。 ※Wi-Fi®は、Wi-Fi Allianceの登録商標です。 ※Bluetooth®ワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG,Inc.が所有する登録商標であり、京セラ株式会社は、これら商標を使用する許可を受けています。 ※microSDXC™はSD-3C,LLCの商標です。 ※その他の社名および商品名は、それぞれ各社の登録商標または商標です。 ※製品仕様およびサービス内容は、予告なく変更することがあります。


■「BASIO3」の製品情報については、当社ホームページをご覧ください
http://www.kyocera.co.jp/prdct/telecom/consumer/lineup/kyv43/

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

携帯電話·スマートフォンの最新ニュース

このページのお問い合わせ