経営哲学

  京セラグループの経営の原点は、創業者である稲盛和夫の実体験や経験則にもとづいた企業哲学であり、人生哲学ともいえる「京セラフィロソフィ」です。
この京セラフィロソフィは、「人間として何が正しいか」を判断基準として、人として当然持つべきプリミティブな倫理観、道徳観、社会的規範にしたがって、誰に対しても恥じることのない公明正大な経営、業務運営を行っていくことの重要性を説いたものです。
 
京セラフィロソフィ アメーバ経営 京セラ会計学
京セラフィロソフィの基本的な考え方

京セラグループは、世間一般の道徳に反しないように、道理に照らして、常に「人間として正しいことは何なのか」ということを基準に判断を行ってまいりました。人間として何が正しいかという判断基準は、人間が本来持つ良心にもとづいた、最も基本的な倫理観や道徳観です。「欲張るな」 「騙してはいけない」「嘘を言うな」「正直であれ」など、誰もが子どもの頃に両親や先生から教えられ、よく知っている、人間として当然守るべき、単純でプリミティブな教えです。日常の判断や行動においては、こうした教えにもとづき、自分にとって都合がよいかどうかではなく、「人間にとって普遍的に正しいことは何か」ということから、さまざまな判断をしてまいります。

詳細情報
フィロソフィキーワード 稲盛和夫が語る「経営哲学」(動画)
稲盛和夫 経営哲学  
関連サイト
創業者 稲盛和夫サイトトップページ
創業者 稲盛和夫サイトトップページ
マンガで読む! 京セラ創業者『稲盛和夫ものがたり』
マンガで読む! 京セラ創業者『稲盛和夫ものがたり』
このコンテンツをご覧になるには、最新のAdobe Flash Playerが必要です。
ダウンロードはこちら