THE NEW VALUE FRONTIER
  1. Home
  2. 経営哲学
  3. かるたで知る京セラのテツガク

「かるた」で知る京セラのテツガク

「かるた」で知る京セラのテツガク

就職活動を始めた大学生や働き始めた若手社員の皆さんも、それぞれの人生や仕事の中で、多くの悩みや失敗に直面すると思います。しかし、それらの困難を乗り越えて成長に生かせるかどうかは自分次第。私たちは、さまざまな場所で頑張る就活生や若手社員の皆さんを応援できればと、「京セラフィロソフィ」からいくつかのテツガクを「かるた」にしてみました!

 

京セラテツガクとは?

1959年にファインセラミックスのメーカーとして創業した京セラ。以来、技術を応用・発展させながら、現在は素材から部品、機器、サービスやネットワークまで多岐にわたる事業をグローバルに展開しています。

この発展のベースにあるのが、創業者の稲盛和夫が「人間として何が正しいのか」と自問自答しながら、仕事や人生でさまざまな困難を乗り越える中で生み出してきた、経営哲学「京セラフィロソフィ」です。

就活生に役立つテツガクかるた(2017年12月制作)

  • 「壁を突破する」篇
  • 「世のため人のために尽くす」篇
  • 「土俵の真ん中で相撲をとる」篇

若手社員に役立つテツガクかるた(2017年8月制作)

  • 「常に創造的な仕事をする」篇
  • 「感性的な悩みをしない」篇
  • 「渦の中心になれ」篇