閉じる

有機材料

Global site

とろける接着シート

TOP

液状接着剤でお困りなら

特徴説明

とろける接着シートの特長

特徴

取扱いが簡便
Dry Systemのシート状であり簡単に作業できるため、工程を短縮できます
低温硬化に対応
100℃/60分で硬化できるため、耐熱性のない部品にも使用できます。
接着時に加圧が不要
被着体の自重で接着可能で、あらゆる形状や材質の部品に使用出来ます。
厚さと形状を維持
一定の接着層厚さと接着面積の確保が出来ます。
最適な粘度
粘度調整されており、均一な接着層が得られ、被着体の平行度維持が容易です。
安心の耐熱性、信頼性
耐久性や耐熱性に優れる熱硬化性樹脂です。
優れた保存安定性
常温(22℃)で、1カ月間使用可能です(保証は5℃/6カ月です)。
環境にも優しい
ハロゲンフリー且つ無溶剤タイプで、アウトガスの心配がありません。
はじめから必要な形状に加工されているので離型フィルム以外の廃棄物が出ません。

製品ラインナップ

とろける接着シート

TBS-702-

低温・低圧で使用できる接着シートです。 (「とろける封止シート」の薄型・低粘度タイプです)

TBS-702
●青色(標準)
●厚さ 20~150μm

基材入り とろける接着シート

ガラスペーパー基材入り - 接着面積や、クリアランスを保持したいとき -

TBS-702-GP絵

ガラスペーパー基材を樹脂層にラミネートすることで、 形状保持性やハンドリング性、絶縁性を向上させました。

モデル事例

断面図 TBS-702-GP構造

TBS-702-GP
●青色(標準)
●ガラス不織布基材
●厚さ 150μm

ご推奨用途

電子部品の組立て接着 積層デバイスの層間接着
推奨用途

納入形態

任意の形状に加工します。リール加工やテーピングなど、 自動供給、連続供給に好適な形態への後加工も対応しています。

●抜き加工 シール加工●リール加工
納入携帯 抜き加工 納入形態リール

お問い合わせ

お問い合わせ:有機材料に関するご相談は、私たちにお任せください!!
熱硬化性成形材料
フェノール樹脂材料"テコライト"
BMC不飽和ポリエステル成形材料
ポリイミド樹脂材料"イミダロイ"
射出用エポキシ成形材料
機能性シート
とろけるシート
電子・電気用部材、その他
Mg鋳造・熱硬化性樹脂成形品
デバイスケーシング部品・材料
農業・工業用FRP製品
電機用樹脂ボード・ロッド

ページのTOPへ