電子部品

設計上の確認事項

耐候性要因における確認事項

直射エネルギー

コンデンサには、直射エネルギーに対して制限があります。周囲環境要因を確認の上、場合によっては対策品を選定する必要があります。日射の防止には、直射しないようにカバーなどを設置する必要があります。詳細は弊社までお問い合わせください。

直射エネルギーには、次の場合があります。

  1. (1) 直射日光が当たる箇所。
  2. (2) 紫外線が照射される箇所。
  3. (3) X線などの放射能線が当たる箇所。

コンデンサを使用する周囲環境条件が、不適切であるとコンデンサが劣化し、コンデンサの納入仕様書などの保証内容を満足することができません。機器に直射日光が当った場合は、機器内の温度が上昇し、コンデンサも温度上昇することになり寿命が短くなる場合があります。
詳しくは「使用環境温度」「周囲環境での腐食性ガス及び溶剤」参照。

積層セラミックチップコンデンサの使用上の注意事項一覧へ

製品・技術に関するご相談はこちらまで

まずはお問い合わせください。専任担当が丁寧に対応いたします。