電子部品

安全と環境の確認事項

異常加熱の場合

  1. (1) コンデンサが異常に発熱したり、発煙、発火及び異臭が発生した場合、 電源から電力を供給し続けると、更に、
    拡大する場合があります。すぐに機器の主電源切って使用を中止してください。電源が外れたことを確認の上、
    速やかに消火の手段を取ってください。
  2. (2) 異常発生直後に、コンデンサの近くに顔や手を近づけないでください。
    コンデンサが高温になった場合、やけどの原因になります。

積層セラミックチップコンデンサの使用上の注意事項一覧へ

製品・技術に関するご相談はこちらまで

まずはお問い合わせください。専任担当が丁寧に対応いたします。