電子部品

基板対基板コネクタ

5015 シリーズ

5015シリーズは、産業用コンピュータ、産業用機械に搭載される、VMEバス、ホスト基板のアプリケーションの規格である、IEEE P−1386 Common Mezzanine Card Standardをサポートする基板対基板コネクタです。1.0mmピッチ、64極、SMT。嵌合(基板間)高さは、プラグとリセプタクルとの組み合わせにより8.0mm~15.0mmに対応します。VMEバスシステムに機能性を付加したモジュラーボード(=メザニンカード)は、IEEE P−1386スタンダード規格の発展によりこれまでより手軽に使用できるようになりました。PCIスタンダード規格に準拠するチップ、構成要素、ソフトウェアを取り巻く環境は、既にパーソナルコンピュータの市場まで広がっています。

1.0 mmピッチ

用途 (主なアプリケーション)

OA機器、産業・工業用機器、医療機器など

極数別対応型番一覧:

仕様

基板間高さ 8.0, 10.0, 13.0, 15.0mm
極数 64
接続形態 ストレート-ストレート
金具有/無 金具無し
基板実装方法 SMT
極間隔 1.0mm
定格電流 AC/DC 1.0A /5Contacts
定格電圧 AC/DC 250V/Contact
耐電圧 AC 250Vrms/min.

特長

  • コンタクト材質:銅合金
  • インシュレータ材質:耐熱樹脂
  • 使用温度範囲:-40℃~+85℃

めっき仕様

コード接点部テール部RoHS指令
861+ Au Sn-Cu 対応
861 Au Sn-Pb 非対応
863+ Au Sn-Cu 対応
863 Au Sn-Pb 非対応

基板対基板コネクタTOPへ

製品・技術に関するご相談はこちらまで

まずはお問い合わせください。専任担当が丁寧に対応いたします。

お電話・メールでのお問い合わせ