電子部品

基板対基板コネクタ

9072 シリーズ

基板相互のスタッキング用として開発されたコネクタで、ヘッダーとリセプタクルで構成。嵌合(基板間)高さは12/15/18/20mmから選択できます。リセプタクルはボトムエントリー構造。ヘッダーにはキンク加工が施されており、誤嵌合防止ガイドも付いています。

2.54mmピッチ

用途 (主なアプリケーション)

産業・工業用機器、医療機器など

極数別対応型番一覧:

仕様

基板間高さ 12.0, 15.0, 18.0, 20.0mm
極数 20, 30, 40, 50, 60
接続形態 ストレート-ストレート
金具有/無 金具無し
基板実装方法 DIP
極間隔 2.54mm
定格電流 AC/DC 3.0A/Contact
定格電圧 AC 300V
耐電圧 AC 500Vrms/min.

特長

  • コンタクト材質:銅合金
  • インシュレータ材質:熱可塑性樹脂
  • 使用温度範囲:-55℃~+85℃

めっき仕様

コード接点部テール部RoHS指令
800+ Sn-Cu Sn-Cu 対応
883+ Au Plug: Sn-Cu
Receptacle: Sn
対応
885+ Au Sn-Cu 対応

基板対基板コネクタ

基板対基板コネクタTOPへ

製品・技術に関するご相談はこちらまで

まずはお問い合わせください。専任担当が丁寧に対応いたします。

お電話・メールでのお問い合わせ