電子部品

基板対基板コネクタ

9609 シリーズ

9609シリーズは、配光の妨げにならないよう配慮し、嵌合高さ1.4mmを実現したLED照明·LEDバックライト用のコネクタです。照明器具の軽量化に伴いスリム化された基板でも搭載可能な省スペースタイプのコネクタです。モジュール基板同士を接続する「JOINT(中継)」タイプ、電源ユニット接続用の「Wire to Board」タイプの2種を用意しました。

LED用コネクタ

用途 (主なアプリケーション)

液晶ディスプレイ、照明機器など

仕様

基板間高さ JOINT: 1.4mm
極数 1
接続形態 -
金具有/無 -
基板実装方法 SMT
極間隔 -
定格電流 JOINT: DC 3.0A/Contact
定格電圧 DC 250V/Contact
耐電圧 AC 500Vrms/min.

特長

  • JOINTタイプは、嵌合高さ1.4mmの低背を実現しました。
  • 基板に実装するリセプタクルコネクタは両タイプ共通ですので、実装工程での作業効率向上に貢献します。
  • JOINTタイプは、片側でX方向±0.2mm、Y方向±0.4mm(接続基板間のトータルでX方向±0.4mm、Y方向±0.8mm)の位置ズレを吸収するフローティング構造を採用し、接触信頼性を向上しました。
  • コンタクト材質:銅合金
  • インシュレータ材質:耐熱樹脂
  • 使用温度範囲:-40℃~+105℃

プラグ めっき仕様

コード全体RoHS指令
800+ Sn 対応
808+ Sn-Reflow 対応

リセプタクル めっき仕様

コード全体RoHS指令
808+ Sn-Reflow 対応

基板対基板コネクタ

基板対基板コネクタTOPへ

製品・技術に関するご相談はこちらまで

まずはお問い合わせください。専任担当が丁寧に対応いたします。

お電話・メールでのお問い合わせ