KYOCERA THE NEW VALUE FRONTIER

閉じる

低熱膨張セラミックミラー

高い剛性により薄型化と軽量化を実現

・熱膨張率の低い緻密体コージライト採用により、温度変化に伴う変形を抑制
・高い剛性による薄型化と複雑リブ形状加工により、低熱膨張ガラスと比較して約1/3まで軽量化が可能
 (※京セラ試算)
・切削加工性に優れ複雑形状でも高い生産性を実現、製作期間の短縮化を実現

特性

  • 高剛性
  • 低熱膨張

製品データ

材質
コージライト
特殊加工
リブ構造による軽量化が可能
セラミック部品のご提供に加えて、ご要望に応じて精密研磨・ミラー加工も可能です。
お気軽にご相談ください。

特長

低熱膨張ガラスとのたわみ量比較

低熱膨張ガラスとの物性値比較

温度依存性グラフ

*全ての数値はテストピースによる代表値であり、保証値ではありません。

用途

  • 望遠鏡用ミラー

  • 半導体製造装置用ミラー

  • 三次元測定機用ミラー

カタログ・技術データ ダウンロード

専門の担当者がご質問を承ります。お気軽にご相談ください。

専門の担当者がご質問を承ります。お気軽にご相談ください。

080-6202-8600
受付時間 9:00~17:00(弊社営業日)
080-6202-8600
受付時間 9:00~17:00(弊社営業日)