Aquala -見えない革新。-

Aquala(アクアラ)は、細胞膜と同じ分子構造を持つ「MPCポリマー」を人工股関節摺動面にグラフト重合させることに成功した、日本発の技術です。
潤滑な摺動が摩耗を抑制し、耐用年数を大きく延ばすことが期待できる、長寿命型の人工股関節「Aqualaライナー」が、2011年4月28日付で薬事承認を取得しました。

本製品は、発売以来10,000例を超える症例に用いられています(2013年11月1日現在)。

平成23年度 第25回独創性を拓く 先端技術大賞 経済産業大臣賞受賞

平成23年度 日本人工臓器学会技術賞受賞