ロコモってなに?

ロコモティブシンドローム(運動器症候群)とは

骨、関節、筋肉などの運動器の働きが衰えると、くらしの中の自立度が低下し、介護が必要になったり、寝たきりになる可能性が高くなります。
運動器の障害のために、要介護になったり、要介護になる危険の高い状態がロコモティブシンドロームです。

運動器のしくみとロコモ 運動器のしくみとロコモ

運動器とは、身体運動に関わる骨、筋肉、関節、神経などの総称です。運動器はそれぞれが連携して働いており、どのひとつが悪くても身体はうまく動きません。また、複数の運動器が同時に障害を受けることもあります。
運動器を全体としてとらえる、それがロコモの考え方です。

図:運動器のしくみとロコモ

ロコモティブシンドローム特集ページ

メディアでも取り上げられている話題。あなたのロコモ度チェック、ロコモーショントレーニングの紹介など充実のコンテンツとなっております。

ロコモティブシンドローム特集ページはこちら