グレーズ形状/ヘッド形状

 
全面グレーズ部分グレーズ薄グレーズダブルパーシャルグレーズファイングレーズ
スーパーファイングレーズフルグレーズ端面(リアルエッジ)ヘッドC端面(コーナーエッジ )ヘッド
 全面グレーズ
ファクシミリやPOS プリンタ等の感熱紙印字用途に使用されているもので、発熱体部分のグレーズ断面形状がフラットになっているもの。
最もシンプルなグレーズ形状です。

全面グレーズのアイコン
画像:全面グレーズ
 

 部分グレーズ
主に熱転写用途に使用されるもの。発熱体部分のグレーズ断面形状が凸形状になっており、記録メディアへの機械的な当たりが全面グレーズに比べて向上しています。

部分グレーズのアイコン
画像:部分グレーズ
 

 薄グレーズ
部分グレーズと同様の形状をしていますが、グレーズ層を薄くすることで、トータルの体積を減らし、蓄熱を低減させることでより高速印画に適した熱応答を実現します。

薄グレーズのアイコン
画像:薄グレーズ
 

 ダブルパーシャルグレーズ
発熱体部分のグレーズを突出させることで、より高い熱効率が得られ、画素再現性を向上させます。

ダブルパーシャルグレーズのアイコン
画像:ダブルパーシャルグレーズ
 

 ファイングレーズ
ダブルパーシャルグレーズよりさらに大きく凸部を構成。グレーズ表面の「うねり」を抑え、形状を均一にすることによって印字効率を向上させており、画質の安定化が図れます。

ファイングレーズのアイコン
画像:ファイングレーズ
 

 スーパーファイングレーズ
セラミック基板の表面全体にグレーズ層を設け、さらにそのグレーズ層を加工して発熱体形成部を凸形状とした構造になっています。
グレーズ厚みを自由に選択でき、凸形状の精度が高いことが特長です。
幅広い印画速度に対応し、高画質·高熱効率を実現します。

スーパーファイングレーズのアイコン
画像:スーパーファイングレーズ
 

 フルグレーズ
ヒーター近傍は全面グレーズに近い形状をしていますが、セラミック基板全体をグレーズで覆う構造になっています。そのためグレーズ厚みを自由に選択でき、蓄熱量を変化させる事で低速から高速まで、最適な印画を実現します。

フルグレーズのアイコン
画像:フルグレーズ
 

 端面(リアルエッジ)タイプ
セラミック基板の端面にグレーズ層と発熱体を設けた端面型サーマルプリントヘッドです。
ID カード、プリペイドカード等の折り曲げのできないメディアへのフルカラー印画に適しています。

端面(リアルエッジ)ヘッドのアイコン
画像:端面(リアルエッジ)ヘッド
 

 C端面(コーナーエッジ )タイプ
セラミック基板のカドの部分にC 面をとり、その上にグレーズ層と発熱体を設けたもので、メディアのフラットパスが実現できます。またグレーズ体積を小さく設計できるため、蓄熱を抑えることで熱応答性に優れ、超高速印字の必要なバーコード用途·デートコード(日付け印字)用途を中心に広くご利用頂いています。

C端面ヘッドのアイコン
画像:C端面(コーナーエッジ )ヘッド

サーマルプリントヘッドに関するお問い合わせはこちらからご連絡下さい。
お問い合わせフォーム またはTEL : 075-604-3668

専門の担当者が丁寧にお答えいたします。お問い合わせ
電話でのお問い合せはTEL:075-604-3668 受付時間 9:00 〜 17:00

 カタログのダウンロード
サーマルプリントヘッド カタログのダウンロード
サーマルプリントヘッド
(pdf/1.8MB)
PDF

EcoGeneration
環境性能について

 関連サイト
ウェハーバンピング

 関連製品
プリンティングデバイス
プリンティングデバイス

   
 
このページのトップへ