栗瀬裕太(Yuta Kurise)

プロフィール

栗瀬裕太(Yuta Kurise)
1982年5月3日大阪生まれ、八ヶ岳在住
'95年、当時では異例の13歳という若さでMTBメーカーとのスポンサー契約を果たし、プロの世界へ。
国内ではただ一人、レースとダートジャンプ競技においてBMX、MTB両方のトップカテゴリーに属する。
20代から国内外で活躍しながら、2011年まで日本最大級の富士見パノラマMTBフィールドでフィールドアドバイザーとして6年間常駐。
2012年からはライダー業の傍ら、山梨県北杜市で「国内のトッププロ育成」を目的とした施設「YBP」の造成をスタート。2015年オープン。

【TORQUE(R) x 栗瀬裕太】

栗瀬裕太、とにかくまっすぐな瞳をした男である。トッププロでありながら、コースビルダーであり、コース運営者であり、次世代プロ育成者である。
それは、大きな目標に向かって、栗瀬が邁進してきた挑戦の歴史である。
30代半ばになり、コースも完成、次世代層の成長も著しい、それでも栗瀬の挑戦は終わったわけではない。栗瀬の挑戦は、また一段と大きな壁を超える段階へと差し掛かっている。栗瀬の笑顔のなかにある強いまなざしの行く末を、TORQUE®とともに追いかけませんか?
LIVE MORE, FEAR LESS. TORQUE®