京セラ新卒採用サイト2018

  • 新卒エントリー
  • マイページログイン
  • 京セラについて
  • プロダクト・技術紹介
  • 京セラの経営哲学
  • トップメッセージ
  • 京セラの歩み
  • 京セラグループ会社紹介
  • 数字で見る京セラ
  • キーワードで見る京セラ

京セラの経営哲学

1959年に28名の仲間で京都セラミック株式会社(現 京セラ)を設立して以来、創業者である稲盛和夫は、さまざまの困難に遭遇しながらもこれらを乗り越えてきました。その時々に、仕事や人生について自問自答する中から生まれたのが京セラフィロソフィです。これは、私たちが仕事をする上で常に意識し、行動指針としながら、日々実践に努めている大切な考え方です。

  • 哲学五 大家族主義で経営する
  • 哲学四 渦の中心で仕事をする
  • 哲学三 能力を未来進行形でとらえる
  • 哲学二 自ら燃える
  • 哲学一 人生·仕事の結果=考え方×熱意×能力
  • 「人生·仕事の結果=考え方×熱意×能力」。これは、人生や仕事の結果は、考え方·熱意·能力の3つの要素の掛け算で決まる、ということを表した方程式です。足し算ではなく掛け算ですので、能力を鼻にかけ努力を怠った人よりは、自分には普通の能力しかないと思って誰よりも努力した人の方が、はるかに大きな結果を残すことができます。これに更に考え方が掛け算されるのですが、考え方にはマイナス思考というようにマイナスの値があります。たとえ頭が優秀で大変高い能力の持ち主が、熱意を持って誰にも負けない努力をしているとしていても、その人がマイナスの考え方を持っていたとしたら、答え、つまり人生の結果は大きなマイナスになってしまいます。考え方次第で人生や仕事の結果は180度変わってくるのです。京セラでは、能力や熱意とともに、人間としての正しい考え方をもつことが何より大切と考えています。
写真 : 社員コメント

入社:2003年
所属:法務知的財産本部
職種:知財財産

京セラでは研究開発の成果を知的財産権で保護する一方で他社の知的財産権を尊重することを基本方針としています。そのため、自社の事業に影響する特許を保有する他者と争う場合があります。以前に他者と争った際、知識・経験不足で不安な部分は多々ありましたが、「なんとしても、この仕事を成功させる!」という強い思いと、基本方針に沿った正しい考え方に基づき取り組み、成果を残すことができました。それ以来、どんな困難なときも、正しい考え方と熱意をもって事にあたるようにしています。

このページのトップへ
新卒採用情報サイトマップ