京セラ新卒採用サイト2018

  • 新卒エントリー
  • マイページログイン
  • 文系のみなさん
  • 営業部門に求められる資質
  • 管理部門に求められる資質
  • 営業・管理コース職種紹介
  • 先輩社員メッセージ
  • スペシャルコンテンツ

営業部門に求められる資質

京セラでは職種を技術部門と営業管理部門に大別。営業部門では文理を問わない様々なバックボーンを持つ社員が、高い目標に挑戦し自らの価値を高めつつ活躍を続けています。営業部門の責任者に求められる資質や仕事の醍醐味などを語っていただきました。

強い想いで周囲を牽引していくことが、京セラで営業を担うための第一条件

ファインセラミック事業本部 ファインセラミック営業部 部長 品川 直

品川 直
ファインセラミック事業本部
ファインセラミック営業部長

様々なスタイルで展開されている京セラの営業について、まず全体像を教えてください。

当社の製品は、部品分野ではお客様に応じた設計がベースになるカスタム品が主流です。一方、通信分野など消費者に直結する市場では、自社設計の完成品を販売しています。営業ルートとして、国内営業は、部品分野ではお客様への直接営業が中心ですが業態により代理店様への営業など様々な営業ルートに対応します。海外営業はグローバルに展開する現地法人を通じたルートなどがあります。

ほかに、新規分野や市場の開拓を専門とする開発営業があり、マーケティング部門も市場動向の分析や新製品の企画を通じて営業活動の一端を担います。

担当されている部品の営業は、一般にはなじみが薄く想像しにくい面があります。営業担当は具体的にどんな役割を担い、どんな行動を求められるのか、また、そこにはどんな難しさや、おもしろさがあるのでしょうか?

営業部門はお客様に一番近い位置にあり、会社方針であるお客様第一主義を実現するための起点となる部門です。お客様からの要望はもちろん、雑談の折などにふと発せられる先々の方向性やその他、様々なメッセージを的確に理解し、研究開発部門、製造部門と協力して、ご期待通りの部品を"実現"していく。それが最も重要な役割です。

求められる行動としては、問題意識を持つこと。そうすれば、営業として次のアクションを先導できると思います。チームメンバーと目標を共有し、例え問題が発生しても 責任転嫁をせずに真正面から課題をとらえ、周囲を巻き込むコミュニケーション力で解決を図ることです。カスタム品が大半で、時には世の中にない製品を開発しようということもありますので、課題も前例にないものとなります。そんな 時こそ営業担当の熱意が問われます。京セラは創業以来セラミック材料を多岐に亘る産業に応用し提供しています。部品の枠を超えて、ソーラービジネスや携帯電話市場にも展開しています。いずれも成熟した市場への参入ではありません。黎明期より数多くの市場を創造してきたことが京セラの歴史そのものであるとも言えます。"何か新しいことをやり遂げてやろう"という強い熱意は、京セラの営業担当に共通のDNAとなっています。

自分の熱意がまわりに伝播し、仲間の協力を得ながら、自ら先頭に立って、お客様が求める部品を完成できたときは大きな達成感を味わえます。さらに、その部品がキーパーツとなって、暮らしに身近な様々なものづくりにお役に立つことにより広く社会に浸透していくのを目の当たりにすることができるのは大きな喜びです。

技術についての専門知識は、入社してから学べますか?

ファインセラミック事業本部では、事業本部によるセラミック製法や技術などに関する技術研修を定期的に開催します。大学レベルの専門知識を含む充実した内容で、しかも一定のレベルに達するまでしっかりフォローしますから、学ぶ意欲さえあれば何も心配は要りません。ほかに、担当する業界ごとの基礎的な技術知識が必要となりますが、これも業務や自己啓発を通じて着実に身につけていくことができます。

京セラの営業部門で力を発揮できるのは、どのような学生でしょうか?

営業は厳しい環境や競争の中でも目標に向かって粘り強く継続して取り組んでいます。 根が明るく、自分の言葉で自分の考えを述べることができ、謙虚に反省できる人がそのようなグローバル市場の環境の下でも、課題を乗り越えているように思います。 また、"やりたいこと"があれば、仮に今その能力がなくても自分で自分に枠を設けることなく、"未来進行形"で自分の能力を磨き挑戦して欲しいと思います。

このページのトップへ
新卒採用情報サイトマップ