京セラ新卒採用サイト2018

  • 新卒エントリー
  • マイページログイン
  • 文系のみなさん
  • 営業部門に求められる資質
  • 管理部門に求められる資質
  • 営業・管理コース職種紹介
  • 先輩社員メッセージ
  • スペシャルコンテンツ

管理部門に求められる資質

管理部門では文理を問わない様々なバックボーンを持つ社員が、高い目標に挑戦し自らの価値を高めつつ活躍を続けています。管理部門の責任者に求められる資質や仕事の醍醐味などを語っていただきました。

求めるのは、斜に構えず、人の思いを洞察できる、”当たり前”の感覚です

経理財務本部 経理部 部長 北尾 哲庸

北尾 哲庸
経理財務本部
経理部長

京セラの管理部門にはどのような部署がありますか?

法務や知的財産、資材(購買)や物流など事業活動に欠かせない直接サポートから、総務や人事などの間接サポートまで、様々な部門があります。私が所属する経理財務本部も主要な管理部門の一つです。そこには、お金を扱う財務部、数字を扱う経理部があります。

京セラの管理系には、有名なアメーバ経営など他社にはない特徴があるようですが?

京セラフィロソフィやアメーバ経営をベースに日々の業務を行っています。とはいえ、何か特殊なことをしているわけではありません。京セラフィロソフィは、常に人間として何が正しいかを考え行動しようということ。アメーバ経営は、事業活動を担う小集団が自分たちの事業を数字でとらえられるようにして、全員がお金の出入りを自分の財布と同じように意識して仕事をしていこうということ。いずれもごく当たり前の考え方です。

日々の仕事のなかで難しい判断を求められることが少なくありませんが、その際に全員が共有する京セラフィロソフィという判断軸があるのは大変恵まれたことだと思います。

特に経営管理部門に関しては、アメーバ経営を維持·管理していくための仕組みづくりや実際の数字のとりまとめなどを担っているという、他社にはない特色があります。数字をスピーディにとりまとめ、経営判断に欠かせない資料として全社に報告しています。

管理部門から見た京セラを取り巻く現在の事業環境、そこで求められている管理部門のミッション、さらにはそれを果たしていくうえで味わえる仕事の醍醐味について教えてください。

キーワードはグローバルです。グローバル化の中で、京セラの事業は、新しい分野、新しい地域に向けてどんどん拡大しています。管理部門は、各々専門部門として事業の現場に根ざした地道な取り組みを行うと同時に、急速に進展するグローバル化に対応していく必要があります。

管理部門は基本的に他部門のサポートが仕事ですから、常に相手の立場に立って物事を考えなければなりません。サポートされる側の立場に立って、どうすればより良いサポートができるのかを自分で考えてみることが出発点になります。数字を見つめながら海外のことを想像する、オフィスにいながら工場現場を想像する。そのようにしてベストのサポートを実現できたときの達成感や、その積み重ねによる視野の広がりを得られること、また、ミクロとマクロという両極端な視点を行き来して事業を深く広く見つめられることが、管理部門の仕事の醍醐味ではないでしょうか。

京セラの管理部門で力を発揮できるのは、どのような学生でしょうか?

何事にも前向きな気持ちと、明るさ、粘り強さ、そして素直さを持った人です。これらは何も管理部門に限って必要な資質ではなく、周囲と協力して仕事をしていく上で、なくてはならない資質だと思います。

私自身の経験では、管理部門の仕事は最初のうちはなかなか大きな視点に立ちにくいものだと思います。京セラのグローバルな事業展開を支えているのは一つひとつの現場であり、そこで地道な仕事をコツコツと積み上げることが管理部門のスタッフとしての非常に大切な第一歩であるためです。だからこそ、就職はゴールではなくスタートだということを忘れず、10年後20年後に向けてあれもやろう、これもやろうという"意欲"をたっぷり持って、入社していただきたいと願っています。

このページのトップへ
新卒採用情報サイトマップ