京セラ新卒採用サイト2018

  • 新卒エントリー
  • マイページログイン
  • キャリアサポート
  • 人事本部長メッセージ
  • 新入社員研修
  • 能力開発支援
  • グローバル人材育成

グローバル人材育成

写真 : グローバル人材育成

世界で通用する人材に育てる、実践的プログラム

グローバルな事業展開を繰り広げる京セラでは、皆さんに世界のビジネスフィールドで活躍してもらうため、より実践的な支援プログラムを用意しています。

  • 海外語学研修
  • 海外実務研修
  • 海外大学院留学制度

現地(英語圏、中国圏等)語学学校に通学し、集中的に語学のスキルアップを図るとともに現地文化や慣習を体験する研修です

 

海外語学研修

写真 : 海外語学研修01

写真 : 海外語学研修02

「研修で得た英語力で将来は海外グループ会社へ」

写真 : 海外語学研修03

将来、海外出向ができるだけの語学力を身につけたく、研修に応募しました。 午前中は文法・単語を中心とした授業、午後はビジネストピックスに関するプレゼンテーションやディスカッションを行う授業を受講しました。M&A・Globalization・マーケティング(ブランド)戦略などについてディスカッションを行うときには、フィールドワークとして米国企業を訪問し、現場で働くビジネスマンから色々とお話しをきくこともできました。 学校の外でも各国から学びに来ている友人とたくさんの話をし、各国の文化や宗教、政治について直に話を聞くことができ、非常に有意義な時間を過ごせたと考えています。 この研修を通して得た英語力、異文化理解の素地を活かして、海外関連会社の協力が不可欠な連結経理というフィールドで経験を積んでいきたいと思います。そして将来的には海外関連会社に出向して活躍したいと考えています。

現地のグループ会社にて実務を経験することで、実用的な語学力向上を図るとともにグローバルビジネスを体験する研修です。

海外実務研修

写真 : 海外実務研修01

写真 : 海外実務研修03

「世界最先端の地で仕事の厳しさと楽しさを実感」

写真 : 海外実務研修02

国内と海外で働く事にはどのような違いがあるのか、グローバルな活躍が期待される中でこれまで培った能力はどのように活かせ、これから学ぶべき自分に足りないものは何なのかを確かめたいと思い、海外実務研修に応募しました。 研修先の米国サンノゼ地区は半導体/通信の分野で世界をリードする企業が集結しており、全ての会社、そこで働く人々が、世のため人のために新たな価値を常に追求する姿勢を目の当たりにし、真剣に仕事に取り組む事の厳しさと楽しさを改めて学ぶことが出来ました。 同時に、様々な国の人々が同じ職場で働いている環境では、お互いを敬いながらも自己主張をしっかりと行うことの大切さが感じられ、国際感覚を養うという点でも貴重な経験となりました。 また、研修先では業務はもちろん、ランチタイムからハロウィーンやクリスマスなどの社内イベント、休日のスポーツ観戦などを通し現地の社員と新たな絆を生む事ができました。 実務研修で得られた経験や絆を最大限に活かしつつ、現在は新たな気持ちで日々の業務に取り組むことが出来ています。

工学・経営学・法学など、各分野においてグローバルに通用する高度な専門能力を身に付けてもらうことを目的に、京セラでは海外大学院留学制度を設けています。現地生活を通じて異文化に対する理解を深め、語学力を身に付けることもできます。

海外大学院留学制度

写真 : 海外大学院留学制度01

写真 : 海外大学院留学制度03

「グローバルな視野で先進技術を学ぶことの重要性を感じて」

写真 : 海外大学院留学制度02

私は、京セラに2004年に入社して以降、太陽電池の研究開発、製造技術の業務に携わってきました。京セラ入社後の約10年間に、太陽電池業界は目覚ましい発展を遂げ、京セラにおいても太陽電池事業は重要なものになっています。しかしながら、競合他社も同様に技術力を向上させてきており、今後予想される競争に打ち勝っていくために、私自身の太陽電池技術者としての幅を広げて行く必要性があると感じていました。京セラには、社員の研修プログラムとしての海外大学院留学制度があることから、これを利用することを希望し、上司と相談の上、2年間海外の大学院において、次世代太陽電池の研究を行いました。

2年間の海外生活においては、日本人が少ない環境の中で、研究に取り組むという貴重な経験を積むことができました。当初は、言語や文化の違いによる苦労もありましたが、京セラにおける業務経験を生かして、積極的に次世代太陽電池の研究を進めることができました。

今後はこの経験を活用し、京セラ社内での太陽電池事業の発展に貢献していきたいと考えています。

このページのトップへ
新卒採用情報サイトマップ