京セラ新卒採用サイト2018

  • 新卒エントリー
  • マイページログイン
  • 採用情報
  • 応募コース·選考の流れ
  • 募集要項
  • 福利厚生
  • 採用チーム紹介
  • 採用FAQ
  • 内定者からのメッセージ

採用FAQ

ここでは皆さんからよく頂く質問と、その回答を紹介しています。

応募について

選考について

教育研修

配属·勤務地

転勤·異動

福利·厚生

応募について

  • エントリーと応募の違いについて教えてください。

    京セラでは、エントリー(登録)と応募とは区別しており、応募コースや取り組みたい職種·分野は後日、エントリーシートで正式応募する時に選択していただけます。エントリー(登録)していただくと、私たち京セラのことをよく知っていただくためのセミナー情報や選考スケジュールをタイムリーにお届けしてまいります。

    ▲このページのトップへ

  • 学校推薦応募と自由応募について教えてください。

    技術コースの応募方法には「学校推薦応募」と「自由応募」の2つがあり、併願や別方法での再受験はできません。学校推薦の対象となる学科·専攻には2017年2月初旬頃より、就職担当の先生宛に求人票をお送りしています。求人のない学科·専攻に所属の方は、自由応募にてご応募ください。
    「学校推薦応募」と「自由応募」の選考基準は同じですが、「学校推薦応募」では志望度の高さが明確に伝わること、また「自由応募」よりも選考ステップが少ないことが特徴です。そのため、志望度の高い方には学校推薦での応募をお勧めしています。
    なお、技術コースは「プロダクト別採用コース」「全社チャレンジ採用コース」「職種別採用コース」の3つのコースで応募を受け付けており、「プロダクト別採用コース」の対象者は「学校推薦応募」のみとなっております。※詳細はマイページにてご確認ください。
    また、エントリー後「学校推薦応募」と「自由応募」の変更を希望される場合、応募前であれば1回のみ変更が可能です。選考途中では「自由応募」から「学校推薦応募」への変更のみ可能ですが、その場合は早急に新卒採用グループまでご連絡ください。

    ▲このページのトップへ

  • 博士課程在籍ですが応募は受け付けてもらえますか?

    博士課程の方につきましては、修士·学部の方と応募方法が異なります。まずはエントリーしていただき、下記資料の送付をお願いします。論文を拝見させていただき、合格になった方に、面接・適性検査を受検いただきます。

    【お送りいただく資料】 履歴書 、専門分野に関する論文概要(A4用紙1枚にまとめたもの) と論文1本(ご本人の最も専門に近いもの)
    【送付先】 〒612-8501京都市伏見区竹田鳥羽殿町6番地
           京セラ株式会社 人材開発課 博士課程応募コース宛

    ▲このページのトップへ

  • 既に卒業をしたのですが、新卒採用として応募出来ますか?

    司法試験等にチャレンジしていた方や、進路変更等様々な理由があると思いますが、卒業後3年以内であれば新卒採用へご応募いただいて結構です。 ただし、就業経験がある方につきましては、新卒採用ではなく中途採用へのご応募となりますので弊社中途採用のHPをご確認ください。

    中途採用ホームページ

    ▲このページのトップへ

  • 職歴がありますが、現在大学に在籍しています。新卒採用として応募できますか?

    現在大学や大学院に在籍されている方でも、就業経験がある方につきましては、新卒採用ではなく中途採用でのご応募となりますので弊社中途採用のHPをご確認ください。

    中途採用ホームページ

    ▲このページのトップへ

  • エントリー後の流れについて教えて下さい。

    エントリー頂くと、マイページの閲覧が可能となります。今後のスケジュール等についてはマイページを通じてご連絡させて頂きます。

    ※ エントリー後、数十分以内に受付が完了したことをお知らせするメールをご登録いただいたアドレス宛てに送信されます。万一、この「受付確認メール」が届かない場合はアドレスを誤って入力されている可能性がありますので、マイページを通じてご自身の登録されたアドレスに間違いがないかをお確かめ下さい。ご登録のアドレスに誤りがなく、受付確認メールが届かない場合は下記までお問い合わせ下さい。

    新卒採用 お問い合わせ

    ▲このページのトップへ

  • 理工系ですが、営業・管理コースに応募できますか?

    可能です。特に部品系営業部門では、ある程度、技術的知識が必要とされるため、理工系出身の営業職の方も在籍しています。エントリーは、採用HPの「営業・管理コース」からご応募ください。

    ▲このページのトップへ

  • 営業にも技術的知識が必要そうで不安なのですが、文系でも応募できますか?

    もちろん可能です。営業部門の多くの社員は文系出身です。部品系営業部門では、ある程度、技術的知識が必要ですが、営業スキルや基礎的な知識を学ぶ研修も用意されていますので、入社後にしっかり勉強しようというスタンスがあれば大丈夫です。日々新しい技術が生まれる分野が多くありますので、常に新たな技術を身につけようという姿勢が大切です。

    ▲このページのトップへ

選考について

  • 説明会に参加しないと選考で不利になりますか?

    応募コースによっては、選考に進むにあたって参加が必須となるセミナーがありますが、説明会への参加は選考評価とは全く関係ありません。しかし、説明会は京セラグループの事業や仕事内容について理解を深めていただける良い機会であると考えています。 また、皆さんからのご質問にも直接お答えできる機会でもありますので、ぜひご参加いただきたいと思います。

    ▲このページのトップへ

  • 選考途中で希望職種を変えることは出来ますか?

    就職活動を進める中で、徐々に自分の適性や、やりたいことがはっきりとしてくる方ももちろんおられることと思いますので、選考途中で希望職種や分野を変えることは可能です。ただし、職種別採用へご応募いただいた方は当初から部署別選考をさせていただく関係上、選考途中での職種変更はお受け出来ません。

    ▲このページのトップへ

  • 浪人、留年は選考時に不利になりますか?

    浪人や留年したことのみで特に不利になることはありません。選考では人物·能力重視で選考致します。 年数とは関係なく、学生時代、何を専門的に勉強されたか、何を目的にどのような学生生活を経験されたのかを面接で伝えて頂きたいと思います。

    ▲このページのトップへ

  • 語学力はどの程度必要なのですか?

    地球規模での経済活動や企業活動が当たり前となった現在、国内外を問わず仕事を進める上で基本的なコミュニケーションツールとして語学力を備えていることは、これからのビジネスパーソンに求められる力のひとつだと言えます。だからといって選考の際に語学力のみを重視することはありませんが、海外営業等、語学スキルが求められる職種については、配属の際に判断材料とさせていただいております。

    ▲このページのトップへ

教育研修

  • 入社後はどのような研修を行うのですか?

    入社後の研修では経営方針や事業内容の説明など、京セラグループ社員として共通に求められる基礎知識や、社会人として必要なマナー、考え方等を身に付けていただきます。その後は配属部門において、各部門で必要となる知識·技術·スキルを習得するための研修、実習、OJT(On the Job Training)などが行われます。

    新入社員研修はこちらをご覧ください。

    ▲このページのトップへ

配属·勤務地

  • 配属はどのように決定されますか?

    私たちは学生のみなさんが持つ「仕事に対する思い」にできる限り応えられるような採用を心がけています。そのために「職種別コース」をはじめとして、仕事や事業分野について明確な意思をもって志望される方については、希望の職種や事業分野への配属を前提とした採用を行います。もちろん、これから自分の可能性を見つけたいと考える方もおられると思います。そのような方については、選考を通じて本人の強みや適性を発見し、希望を確認しながら配属を最終決定しています。

    ▲このページのトップへ

  • 海外勤務の可能性はありますか?

    京セラグループは全世界に約230社のグループ企業を持つグローバル企業であり、現在世界各地の現地法人に営業系·管理系·技術系合わせて約350名の社員が出向しています。 積極的に海外展開を行っている京セラでは、早い場合では入社3〜4年目で海外勤務していただく可能性もあります。(数字は2016年3月31日時点のものです。)

    ▲このページのトップへ

転勤·異動

  • 定期的な転勤·異動はありますか?

    京セラでは転勤や異動については、何年に1回、ある部署に何年といった固定的な定期異動(ローテーション)の考え方はありません。 所属する事業部の事業展開や社員ひとりひとりの育成計画に応じて必要なタイミングでフレキシブルに実施されます。

    ▲このページのトップへ

福利·厚生

  • 寮には希望すれば入れるのですか?

    京セラでは全ての工場·事業所において寮(一部は借り上げ寮)への入居が可能です。入寮しない場合には、規定の住宅手当が支給されます。

    ▲このページのトップへ

  • 福利·厚生はどのような制度がありますか?

    「従業員持株制度」や「財形貯蓄」等の社員の財産作りをサポートする制度を設けています。その他、契約保養所や契約スポーツ施設等の利用、また家族の健康診断など充実した福利厚生の体制が整っています。

    ▲このページのトップへ

このページのトップへ
新卒採用情報サイトマップ