閉じる

セラミックキッチン·日用品

ステンレスボトルの取り扱いについて

ご使用時のポイント

飲みものの量について

飲みものの量は図の規定位置までにしてください。入れすぎると、せんユニットを閉めたときに飲みものがあふれ出る原因になります。

【保温(保冷)効果を高めるポイント】
保温(保冷)効果を高めたいときは、少量の熱湯(冷水)を入れ、1〜2分予熱(予冷)すると効果的です。
※予熱(予冷)後は、お湯(水)を捨ててください。

飲み物の規定位置は止水部より約1㎝下まで

ロック状態について

①本体を立てた状態にし、フタを”カチッ”と音がするまで押して、確実に閉めます。

②フタロックを押し下げ、確実にロックします。フタロックとボタンの間に赤色が見えることを確認してください。

※フタを開けたまま放置しないでください。※飲みものを飲んだあとは、本体を立てた状態でフタを閉じてください。

バッグなどに入れるときは、万一の漏れを防ぐために、ロック状態であることをご確認のうえ、本体を縦に置いてください。

せんユニットの取り扱いについて

せんパッキンの取り付け方

せんパッキンの穴をフタの突起部に合わせた後、全体にかぶせ、すきまができないように全周にわたってはめ込みます。

画像:せんパッキンをフタにはめ込んでいる

パッキンの取り付け方

上下の方向を確認し、飲み口の溝に正しく取り付けます。
取り付けた後は、パッキンが浮かないように指でまんべんなく押します。

画像:飲み口付近の構造

パッキン・せんパッキンの取り付け位置、方向をまちがえないようにしてください。飲みものが漏れる原因になります。

サポート情報