25万人の熱い想い

1993年、日本初のプロサッカーリーグ「Jリーグ」が開幕し、全国で空前のサッカーブームが起こりました。それまでプロのスポーツチームが存在しなかった京都もその例外ではありません。「ぜひ京の地にプロサッカーチームを」という熱い想いが市民の間に沸き起こり、地道な署名活動が始まりました。その後、わずか3ヶ月で約25万にのぼる熱い想いが集まり、「京都のJリーグチーム」が発足する礎となったのです。

署名活動の様子
署名活動の様子
未来を見つめて
トップページ