KYOCERA SOCIAL ALBUM

京セラのグローバル化を支える海外出身社員たち (2)

2017/09/08

こんにちは。京セラ広報室です。

企業のグローバル化が進む昨今。京セラも積極的に海外事業を展開してきました。そんな京セラのグローバル化を支える海外出身の社員を紹介します。
第2回目となる今回は、本社営業部門に勤務する彼女です( ^ω^ )

———————————
Q1. 出身はどこですか?

⇒ 中国山東省です。

Q2. 来日して何年ですか?

⇒ 6年5ヶ月です。

Q3. 京セラでの仕事の内容を教えてください。

⇒ 電子部品の海外営業を担当しています。具体的には、台湾のお客様へ積層セラミックコンデンサの拡販活動のほか、納期管理やアフターサービス等の業務があります。

Q4. 日本の京セラで働き、よかったことは何ですか?

⇒ 若手にもチャンスがあり、大きなチャレンジができることです。上司や先輩からフォローいただけるので、失敗を恐れずにチャレンジができています。2年目からは、ほぼ月1回のペースで海外出張を行い、現地ならではの情報を収集したり、お客様と交流を深めたりすることもできており、とても感謝しています。

Q5. 日本企業で働く上で苦労していることは何ですか?

⇒ 信頼関係を築くのに時間がかかることです。日本で仕事をやり遂げるには、信頼関係が必要不可欠ですが、相手の感情面も踏まえ、細やかな配慮を行うことに苦労しています。

Q6. 日本で生活していて、一番うれしかったこと(よかったこと)は何ですか?

⇒ ほとんどの方が思いやりの心を持っているところが、すばらしいと感じています。私の故郷も人情味があふれているところですが、日本の田舎などでも似たような人情味を感じることができるため、日本の生活においても寂しくはありません。

Q7. 母国語で一言お願いします。

⇒ 博学之,审问之,慎思之,明辨之,笃行之。(幅広く学び、詳しく質問し、慎重に考え、はっきりと見分け、誠実に行う。)
中国の古くからの教えで、この言葉で常に自分の行動を戒め、気持ちを高めています。
———————————

#京セラのグローバル化を支える海外出身社員たち

Facebookコメント

よく見られている記事

Sorry. No data so far.

ファンになる

Facebook

Google+