KYOCERA SOCIAL ALBUM

仕事と育児・家事とを両立しながら活躍する、京セラのママさん社員を紹介します! (3)

2017/09/29

こんにちは。京セラ広報室です。

京セラでは、多くのママさん社員が活躍しています。時には先輩として後輩への厳しい指導も!
そのかたわら、家に帰れば育児や家事をこなし、日々がんばっている姿には脱帽するばかりです。そんな京セラで働くママさん社員を紹介します。
第3回目となる今回は、本社営業部門で働く彼女です!(^^)!

———————————
私は、本社営業部門として営業支援や経費管理などの業務を行っています。
また、2015年度から「女性活躍推進委員会」の委員としても活動しており、本年度はリーダーを務めています。私の所属する分科会では、「育児と仕事の両立を支援し、多くの女性社員がリーダーとして活躍できる風土の醸成」をテーマに取り組みを推進しています。

現在、私には小学生の娘が2人います。子どもが急に体調を崩し、会社を休まなければならない場合でも上司の理解もあり、部署のメンバーが仕事をフォローしていただける環境が何よりもありがたいです。迷惑をかけているのにもかかわらず、出社時には「熱下がったか?」、「お母さんが倒れんときや~」などと声をかけてくれます。また、学校行事や役員活動がある場合でも休みをとって、積極的に参加できています。
部署の方々はレクリエーションの時に子どもたちの遊び相手になってくれるので、子どもたちも上司や同僚の名前をよく知っています(笑)。

帰宅後は怒濤のように時間が流れ、曜日によっては習いごとの送迎もあるので、朝のうちに夕飯の下準備をして出社するよう工夫しています。野菜をカットしておくだけでも帰宅後の調理時間が短縮されますので、夕方にするべきことをできるだけ朝のうちに済ませておくようにしています。眠くてできない日もありますが。。。

そのような中、上の娘が少しづつ料理を覚え始め、休日のお昼ご飯や、夕飯のおかずなど作ってくれるようになりました。最初は見ているこちらが怖かった包丁さばきですが、「やってみる?」「お願いしていい?」と声をかけると張り切って作ってくれます。自社製のセラミックナイフも愛用しています(^^)v。
怖がりの娘ですが、小型サイズのセラミックナイフだと「ナイフ=怖い!」とあまり感じずに持つことができました。

長年、犬を飼いたがっていた子どもたち。自分のことは自分でできるようになり、ほんの少し子育てが楽になってきたのに、私の仕事がまた増えてしまうのでは?!と不安で「もう少し大きくなって、本当に自分たちでお世話ができるようになったら考えるね」と話を先延ばしにしてきました。しかし、昨年の夏にご縁があり、チワワ(♀)を家族に迎えることになりました。子どもたちも自分より小さい妹(?)のお世話をがんばってくれ、今や小さなワンコに家族みんなが癒され、とても大きな存在となっています。お留守番が怖くて苦手だった子どもたちですが、ワンコと一緒なら怖くないそうです(笑)。

慌ただしい毎日ですが、娘が1年前から書道に通い始め、楽しそうに取り組んでいる姿を見て、今年の4月より私も同じ教室に通い始めました。子どもたちは放課後にお稽古していますが、私は集中してお稽古がしたいので休日の午前中に通っています。小学生以来の書道がとても楽しく、子どもたちと昇級試験を競い合いながらがんばっています!

私が今日まで好きな仕事を続けられているのは、職場-家族ー実家の両親と多くの方の助けがあるからこそ成り立っています。もし子どもだちが将来的に子育てをしながら仕事を両立することがあれば、私が皆さんに助けていただいたように、子どもたちを助け支えてあげられる元気なお婆ちゃんになりたいです(^o^)/
———————————

#京セラのママさん社員

Facebookコメント

ファンになる

Facebook

Google+